顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

顎関節症-原因

楽器が与える顎関節への負担

楽器が与える顎関節への負担 吹奏楽部の方や個人的に楽器を習われている方に顎関節症が発症してしまう事があります。特に多いと言われているのが、クラリネットやサックスなどの木管楽器の中でもマウスピースをくわえて演奏するタイプが顎関節症発症リスクが…

歯科治療後から顎関節症

歯科治療後から顎関節症 歯科治療を受けた後に顎関節症が発症するケースがあります。また、顎関節症の方が歯科治療を受けたら症状が悪化することもあります。 歯科治療が原因になる理由 歯科治療では、普段開けないぐらい大きな口を開ける必要があります。特…

顎関節症に影響を及ぼす気温

顎関節症に影響を及ぼす気温 顎関節症は外傷や日常の癖等の様々な原因によって発症します。ですが、気温による問題からも少なからず影響を受けている場合があります。実際に顎関節症治療を行っている時には、季節によって症状が悪化してしまう事があります。…

顎関節症のリスクを高める癖

顎関節症のリスクを高める癖 ぶつけた等の外傷が無い場合、日常生活でしている無意識の癖の中に顎関節症の発症リスクを高めてしまうものが含まれていることが多いです。そして、癖による問題に耐え切れなくなった時に顎関節症が発症してしまいます。 顎関節…

顎関節症、デスクワーク中は要注意

顎関節症、デスクワーク中は要注意 顎関節症は日常の些細な癖が積み重なって、突然発症したように思う事があります。その癖とは、ご自身でも気づいていないものであるケースがほとんどです。その癖の中でも”食いしばり”は無意識の癖で代表的なものと言えます…

口が閉じなくなってしまった!

口が閉じれなくなった 顎関節症の症状の一つに、口を開けた後閉じることが出来なくなることがあります。しかし、口が閉じなくなる閉口障害は顎関節症以外の問題でも引き起こされることが多々あります。 閉口障害が起こる時・・・ 閉口障害が起こる時に一番多…

突然口が開かない?徐々に口が開かなくなった?

徐々に口が開かない?突然口が開かない? 「口が開かない」「口が開きにくい」これは顎関節症の代表的な症状です。しかし、原因はいくつかあり、それぞれによって治療方法も変わってきます。 口が開きにくい時に考えられること 口が開きにくいときにまず注目…

朝起きたら顎が痛い!

朝起きたら顎が痛い 朝起きた時の顎の痛みは顎関節症の典型的な症状です。 この症状は、噛みしめをする方に多い症状です。それでは、なぜ噛みしめが顎関節症を引き起こす原因になるのかを記載します。 1度、強く噛みしめて下さい。この強く筋肉が張る感じが…

寒い時期の噛み締めが顎関節症のリスクに!?

顎関節症発症リスク: 顎関節症治療を始めて15年がたちます。 この15年間の治療の間に気付いたことがあります。 それは、顎関節症でお困りの方の多くはデスクワークでパソコンを触ることが多いことです。 もちろんパソコンと関係がない方もいらっしゃいま…

頬杖は顎関節症を発症させるリスクのあるクセ

顎関節症を発症させるリスクのあるクセ:頬杖 頬杖には3種類があります。 1.顎先での頬杖 2.顎関節の下のエラの部分でつく頬杖 3.顎関節部でつく頬杖 1つずつ見ていきましょう。 1.顎先での頬杖 顎先での頬杖は、顎関節に対して前に引っ張る槧断力…

顎関節の構造の問題で顎関節症が発症しやすい

顎関節の構造の問題で顎関節症は発症しやすい 顎関節症が起こりやすい原因を、顎関節の構造から解説いたします。 顎関節は、下顎骨の関節突起の下顎頭と側頭骨の下顎窩との間に作られる関節です。 顎関節には、関節円板と呼ばれる軟骨組織によって上下に分け…

身体のゆがみと顎関節症

身体のゆがみによる顎関節症 人間の体は、少しの筋肉で身体を支えることができるように作られています。ですが、身体がゆがんでしまうと、姿勢を維持するだけでも力がいるようになります。つまり、身体にゆがみがあると”立っている”、”座っている”だけで身体…

顎関節症を発症させる異常口腔機能活動

異常口腔機能活動 ブラキシズムは、米国口腔顔面痛学会(AAOP)では『日中または夜間になされる異常口腔機能活動』と定義されていて、クレンチング(食いしばり)・グラインディング(歯ぎしり)・ブレーシング(押し付け)などがあると言われています。 また…

顎関節症の方は運動に注意!

顎関節症の方は運動に注意! 顎関節症の発症のきっかけにもなることがあるスポーツですが、顎関節症に実際になってしまった後も注意が必要です。きっかけになるという事はそれだけ危険が潜んでいるとも言えます。 顎関節症の方が注意した方が良いスポーツ ・…

ショルダーバックが顎関節症のリスク!?

ショルダーバックが顎関節症のリスク!? 顎関節症になってしまったら症状が軽減するまではショルダーバックを控えることをお勧めします。 ショルダーバックをお使いの方は1度ショルダーバックを肩にかけてみてください。肩の高さが変わっていませんか? こ…

ストレスが顎関節症の原因?

顎関節症の原因はストレス? 何かのきっかけなく顎関節症が急に発症した場合に、「原因はストレスですね」と言われることがあるようです。現代社会においてストレスが無い人はあまりいないように思います。その為、皆さんそれ以上何も言えなくなってしまいま…

顎関節症と姿勢

顎関節症と姿勢 顎関節症の発症にはぶつけたなどの明確な原因がない場合には、日常生活の癖や姿勢などが大きく関与しています。顎関節症と姿勢は関与しないように考えられることがありますが、顎関節症の治療を実際に行っていると非常に関連が深い事がわかり…

顎関節症はどんな時に起こる?

顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター 顎関節症が発症するタイミングは、人によって様々です。転んだ時にぶつけた・スポーツをしていて人やボール等が当たったという明確な原因があるものもあれば、突然朝起きたら痛かった・急に痛くなっ…

顎関節症の原因:ブラキシズム

顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター 顎関節症はぶつけた等の何等かの原因によって発症することもありますが、多くの場合で突然発症することがあります。この時に問題となることが日常生活の中での癖ですが、その中の一つに「ブラキシズ…

顎関節症の発症要因を動画でご紹介

顎関節症が発症する行動とは? 顎関節症が発症する主な原因は何気なく行っているクセです。そのほかはほかの関節を痛めるのと同様に関節に強い負荷が加わって損傷を起こす時です。 ではどのような癖が顎関節症を発症させるリスクがあるのか?これがわかれば…

親知らず抜歯後に顎関節症発症!

顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター 顎関節症の発症のきっかけの一つに「歯科治療」があげられます。元々大きく口を開けることが出来ない・長時間口を開けておくのが辛いなどの顎関節症の症状が出ている方にはしんどい歯科治療ですが、…

顎関節症の原因

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症を引き起こす代表的な原因のご紹介です。

冷えでも顎関節症が悪化するリスクがある!?

顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター 顎関節症は寒いと感じる事によって悪化する傾向があります。夏に冷えると言えエアコン、冬は通常の生活を行っているだけでも服によって覆われていない顎関節周辺は冷えが起こります。 特に冷たい風…

顎関節症の方が避けるべきスポーツ

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。 スポーツは、身体にとって筋肉の増強や血液循環の促進、精神的な面からみるとストレスの解消など健康増進に有用で進んで行うべきものです。ですが負荷をかけすぎることによって顎関節症の…

スポーツ選手に顎関節症が発症しやすい理由

顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください! 顎関節症はスポーツ選手にも多く見られます。 スポーツ選手が顎関節症になりやすい3大理由 1.身体に衝撃が加わる確率が一般の人よりも高い コンタクトスポーツなどの体への衝…

噛むことで身体能力が引き出される!

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。 噛むことで身体能力が最大限引き出されるってご存知ですか?実際に、「歯を食いしばってがんばれ!」なんて言うことがありますよね。実は、理にかなった言葉なのです。 咀嚼運動を行うと…

顎関節症を悪化させやすい食べ物

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。 顎関節症を悪化させやすい食材があります。基本的には、大きな食べ物、硬い食べ物、弾力性のある食べ物です。これらは、顎関節症を悪化させる可能性があります。 このような食べ物は、顎…

片噛みは顎関節症の原因に!

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。 片方で噛むとどちらの顎関節に負担がかかると思いますか?噛んでいる方の顎関節ですか?それとも、反対側の顎関節ですか? 噛んでいる方の顎関節に負担がかかると思われる方も多いのでは…

歯ぎしりが顎関節症を引き起こす

歯ぎしりが顎関節症を引き起こす 歯ぎしりは癖によって行われる動作ですが、歯ぎしりを始める原因の多くはストレスや姿勢の悪さによると考えています。実際にストレスがたまった時には、”グッ”と噛みしめている方が多く、歯を左右に動かした状態が歯ぎしりで…