顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

痛みが治まった後の注意

痛みが治まった後の注意 顎関節の痛みが治まった後、「治って良かった」で終わりたいのですが注意しなければいけない事があります。今回は、痛みが治まった後に注意した方がいい問題点についてご紹介いたします。 痛みが治まった後の注意 辛かった痛みが治ま…

マウスピースをして痛みが出だした

マウスピースをして痛みが出だした 顎関節症の治療法の一つとされているマウスピースですが、それをしたことによって痛みが出だすということがあります。治療法とされていることをして痛みが出るため、どうしてだろう?と悩まれることがあります。今回は、マ…

姿勢が影響している顎関節症

姿勢が影響している顎関節症 顎関節症の発症に姿勢が影響していることがあります。歪みが影響している場合には、それを取り除くことも必要となることがあるのですが、なかなかご自身では歪みを確認することが難しいことがあります。今回は簡単なチェックの方…

食いしばりしている事に気づく

食いしばりしている事に気づく 顎関節症の発症には日常生活の中で行っている癖が影響しており、「食いしばり」は高い確率で行っていることが多いです。しかし、実際にはあまり気付かない内にしている方も非常に多く、ご自身が食いしばりをしているかどうかを…

痛いのを我慢して食事した方が良い?

痛いのを我慢して食事した方が良い? 顎関節症が発症し痛みが起こった際には、食事に影響を及ぼすことがあります。例えば、痛くて口が大きく開かないから食事が辛い・噛むときに痛みが出る為噛めない等が挙げられます。しかし、この痛みを我慢してでも動かし…

突然顎が痛くなったら

突然顎が痛くなったら 顎関節症は、徐々に発症する場合や突然痛くなる場合等、発症も様々なパターンがあります。それぞれで対処する方法も変わってくることがあります。ですが、どうしたら良いのか分からずに悩まれてしまう事も多いので、今回は「突然顎関節…

痛みを我慢して動かした方が良い?

痛みを我慢して動かした方が良い? 顎関節症が発症して痛みが引き起こされてしまった場合、気になってついつい口の開閉を多くしてしまったり、動かした方が良いのかなと開・閉口を繰り替えし我慢して行う方がおられます。しかし、このような場合にはやはり無…

顎関節症で見た目が変化

顎関節症で見た目が変化 顎関節症の発症後、時間をかけて見た目でも歪みが出てきていることが分かるようになることがあります。顎関節自体は骨がぶら下がっているだけですので、周辺の筋肉による問題の影響を受けてしまいます。左右の筋力に差が出来てしまう…

顎もトレーニングが必要

顎もトレーニングが必要 顎関節症の安定を図るためには、トレーニングをして筋肉を鍛えておくことも重要となります。特に一度症状が出た方は、顎関節の部分にまた何らかのきっかけで症状が起こるということは考えられます。その為、日常生活での癖の見直しも…

頬の内側に噛んだ跡が出来る

頬の内側に噛んだ跡が出来る 頬の内側に噛んだ跡が残ってしまうことがあります。実際に間違って噛んでしまう事もありますが、今回ご紹介したいのは噛んではいないはずだけど歯型が残っている場合です。 頬の内側に噛んだ跡が出来る理由 顎関節症でお悩みの方…

顎関節症だけじゃない!

顎関節症だけじゃない!! 顎やその周辺に痛みが出た際に、「顎関節症ではないか?」と疑われることがあると思います。実際にインターネット等で調べてみて顎関節症でヒットすることが多いはずです。しかし、顎の痛み全ては顎関節症という訳ではなく、違う疾…

外傷による顎関節炎

外傷による顎関節症 スポーツをしている最中や日常生活の何気ない一幕で、人とぶつかったり転んで顎関節をぶつけてしまったりするときがあります。その時の衝撃によって損傷を受けてしまい、顎関節症が発症してしまうことがあります。しかし、明らかにぶつか…

強い痛みでマッサージは要注意

強い痛みでマッサージは要注意 顎関節症で強い痛みが起こった際に、局所をマッサージされることがあります。ケアの方法の一つとしてマッサージが挙げられるのですが、要注意な場合も中にはあります。 強い痛みでマッサージは要注意 強い痛みが出ている場合に…

顎関節症が起こす食事への影響

顎関節症が起こす食事への影響 食事の際には顎関節およびその周辺の筋肉が動かされるため、顎関節症が発症した際には食事に支障が出てきてしまうことがあります。人によっては、しんどくて食事をしたくない・痛くて噛めない・痛みで口を開けることが出来ない…

だるさを感じたらストレッチ

だるさを感じたらストレッチ 顎関節症のⅠ型の場合には、筋肉性の問題が引き起こされます。症状として、顎関節周辺のだるさや鈍痛、疲れなどを感じることがあります。そうなると食事や会話をしているのがしんどくなるなどの日常生活に支障をきたしてしまいま…

間違った癖の改善法

間違った癖の改善法 顎関節症には日常生活での癖が大きく関与していることがあります。その為、症状の改善・再発予防には癖の改善が必要となります。意識されることは大切なのですが、意識の仕方によっては逆効果に繋がってしまう可能性もあります。 間違っ…

顎関節症で受診するのはどこ?

顎関節症で受診するのはどこ? 顎関節症かどうか分からないけれど顎が痛い、こんな時にどこに受診すればいいか悩まれることがあります。そんな時に、どこに受診すればいいのか?についてご紹介いたします。 顎関節症で受診するのは・・・ 顎が痛いとなった時…

身体に不調がある時も要注意

身体に不調がある時も要注意 身体に不調がある時、痛みを感じている時は顎関節症に要注意のタイミングと言えます。 身体に不調がある時に顎関節症に注意する理由 身体のどこかに痛みなどの問題が起こった時、人はストレスを感じてしまいます。いらだってしま…

原因不明の顎関節症

原因不明の顎関節症 顎関節症の発症が起こったら「何が原因で起こったんだろう?」と気になる方は多いと思います。ぶつけた・転んだなどの原因が明確であれば分かりやすいのですが、突然発症した場合には原因も分からず心配されてしまうと思います。しかし、…

歌手に発症することがある顎関節症

歌手に発症することがある顎関節症 顎関節症の発症は歌手の方にみられることがあります。歌を歌うとは、その間顎関節は動かされ続けることになります。その為、負担が大きいです。それをお仕事にされていると歌っている時間は数時間になる事もあると思います…

ポッピング

ポッピング 関節の音がなったり、痛みが出たりした時には、それぞれの症状の名前まではあまりご存知ないことが多いと思います。「ポッピング」も聞きなれない症状だと思いますが、顎関節症の方の多くがこの症状を訴えている事があります。 ポッピングとは? …

顎関節症で全身が痛い?

顎関節症で全身が痛い? 顎関節症は様々な症状が引き起こされてしまいます。その中には、肩周辺のコリ感や痛み、首の症状、頭痛などの症状も挙げられることがあります。しかし、近年では顎関節症の認知度も高まってきておりテレビ番組やインターネットでの情…

画像上問題なし。本当に?

画像上問題なし。本当に? 顎関節症の症状が出た際に、レントゲンでの画像診断が行われることがあります。これでわかる事は、関節を構成する組織である骨に異常がないかを確認します。さらに関節円板を見るためには、MRIを用いられることもあります。そう…

若くても変形性顎関節症の可能性が!?

若くても変形性顎関節症の可能性が!? 変形性顎関節症とは、下顎骨や側頭骨などの関節を構成する組織が変形してしまった状態を指しています。骨などが変形したりする器質的な問題が起こるのは、発症してすぐという訳ではありません。それよりも何年も放置し…

開口障害(タイプ別)

開口障害(タイプ別) 開口障害は顎関節症で起こる危険性のある症状です。しかし、人によって症状の現れ方や原因が変わってきます。これは、顎関節症が更に細かくタイプ分類がされているからです。 開口障害(タイプ別) ・Ⅰ型顎関節症・筋肉の障害 このタイ…

環境が変化するときは要注意

環境が変化するときは要注意 顎関節症が発症するとき、また顎関節症の症状が悪化するときの一つに「環境が変化するとき」が挙げられます。進学や就職、転勤、転職など、環境が変わることは人生の中の様々な場面で見受けられますが、そこに顎関節症と絡むこと…

顎関節症に良くない姿勢

顎関節症に良くない姿勢 姿勢から顎関節症に与える影響はゼロとは言えません。その為、悪化を防止するためにも、再発を予防するためにも、姿勢の改善は必要とされることが言えます。 顎関節症に良くない姿勢 頭部の位置は顎関節症との関連が深いとされていま…

Ⅲ型顎関節症

Ⅲ型顎関節症 Ⅲ型顎関節症は、関節円板に異常がみられるものを指しています。本来であれば関節内で動きに合わせて働いてくれている関節円板なのですが、何らかの原因によって位置に異常をきたしてしまう事があります。そして、そのパターンによってⅢ型顎関節…

顎関節症を予防

顎関節症を予防 顎関節症にならないようにするためには、必要な筋力を鍛えておくことも大切です。子どもの時期には筋肉の強さ、骨の強さが使う頻度によって決められていきます。近年では、柔らかい物を食べる習慣がある為、どうしても顎関節周辺が弱くなって…

小児顎関節症

小児顎関節症 近年増加傾向にある顎関節症ですが、20歳未満の若い方の発症ももちろん増加していることが言われています。全顎関節症の5人に1人の割合とも言われており、症状の経過を注意して観察する必要があります。 小児顎関節症 特に小児の場合に起こ…