顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

ストレッチをして顎関節症を予防しよう!

f:id:oosakatoyomedicine:20150811114458j:plain

顎関節症を予防しよう!

 顎関節症の発症は、ケガによる顎関節症(Ⅱ型顎関節症)を除くとほとんどが筋肉性の顎関節症として発症します。そして筋肉性顎関節症が進行して関節円板に問題が発生するⅢ型顎関節症、これがさらに進行して関節自体に変形が起こる変形性顎関節症(Ⅳ型顎関節症)へと移行します。このような進行は急激に起こるものではなく数年単位で徐々に進行します。

 

 顎関節症の発症が筋肉性の顎関節症であることから、他の疾患と同様に顎関節症を予防するためのストレッチは有効です。理想としては、顎関節症が発症する前からストレッチを行う事で筋肉の状態を整えておくことが理想ですが、顎関節症が発症する前にマイナーな筋肉である咀嚼筋のストレッチを行う人はほぼいないでしょう・・・。

 

 私も顎関節症を知っているからこそ顎関節症のストレッチ方法を知っていますが、医学に携わっていなければ顎関節症が発症しなければ間違いなく考える事もなかったと思います

 

どのようなストレッチを行う?

  顎が疲れやすい、口が開きにくい、このような症状を感じたらストレッチを開始しましょう。 ストレッチは簡単です。

  1. 顎を力いっぱい前に出して数秒間止める。
  2. 元に戻す
  3. 顎先を左に動かす
  4. 顎先を右に動かす
  5. 元に戻す。
これを3回繰り返すだけで構いません。
 

ストレッチを行う際の注意点

・顎関節症によって強い痛みが現れている場合には、強い炎症を伴っていることもあります。そのような場合に最適な対処はストレッチではなく安静です。顎関節症の専門家に相談をしてから行うようにしましょう。
 
・顎先を左右に動かすストレッチを行う際には、顎を前に出さずニュートラルな状態で行いましょう。前に出した状態で行うと顎関節の内部を痛めてしまう可能性もあります。
 
 顎関節症の兆候を感じてストレッチをしたけど改善しない。そのような時には治療を受けるようにしましょう。
 

ご興味お持ちいただけましたらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。
 
 当院では筋肉性顎関節症に対して鍼灸治療を行っております。治療は顎関節の構造を理解した鍼灸師の国家資格を所持する治療のプロが行いますのでご安心ください。
 
顎関節症の治療は完全予約制で行っております。
ご予約はお電話・LINEで承っております。
TEL:080-6224-4693
お気軽にご連絡ください。

 

世界に認められた実力で症状・体質の改善をサポートいたします!

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

電話:080-6224-4693