顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

口を開けるときにパキッとなる

f:id:oosakatoyomedicine:20150811114458j:plain

口の開閉でパキッと音が鳴る

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。

口を開けるときに引っかかるような感じがしてパキッとなる、これはⅢ型顎関節症の症状として認められます。 Ⅲ型顎関節症とは、顎関節の関節内にある関節円板が位置異常を起こすことによって発症している顎関節症を指します。

 

開口運動は、指2本ぐらいまでの間は下顎骨が回転することで行われますが、それ以上開けようとすると下顎骨が前に動いて関節円板を前方に押し出すような動きを伴います。この動きがスムーズにいかない事で引っかかってしまいパキッと音が鳴ります。この時に関節円板の動きが出ない場合には、指2本前後の開口しかできなくなります。これが、顎関節症によって開口障害が現れる理由です。

開口運動による音の大きさは顎関節症の状況によって異なりますが、大きな音の場合には周囲の人にも聞こえるほど大きな音の方もいらっしゃいます。ただし、音の大きさと顎関節周辺に現れる痛みの強さには関係はありません。

 

クリック音が鳴る場合にはどうする?

 対策として重要なことは、スムーズに動かすことができる筋力をつけることになります。具体的には、鏡の前で口を大きく開きます。この時に顎先が左右にゆがまないようにまっすぐおろす練習を行います。さらに、下顎を前に突き出す運動も行うようにしましょう。顎関節周辺の筋肉が弱っている方の場合には、下顎を前に動かすことができない方もいらっしゃいます。

 食いしばりや歯ぎしりをする癖がある方の場合には、その癖をやめることも重要です。


www.youtube.com

最適な治療法は?

当院では、Ⅲ型顎関節症の場合には整体療法を行っております。この治療によって顎関節の位置関係を正常に戻し、音がならなくなる事を目指します。ですが、関節円板の損傷状況次第では音が小さくなることを目指す場合もあります。

顎関節症の治療を行うのは鍼灸師の国家資格を持ち、顎関節の構造や運動、顎関節症について理解している治療のプロです。ご安心ください。

 

顎関節症の治療は完全予約制で行っております。

ご予約は電話・LINEで承っております。

TEL:080-6224-4693

お気軽にご連絡ください。

 

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

電話:080-6224-4693