顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

顎関節症のクリック音

f:id:oosakatoyomedicine:20150811114458j:plain

 顎関節症の整体療法は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください!

 顎関節症の方が訴える症状として、”カクカク”や”パキッ”というような音が口の開け閉めによって顎関節で音が鳴る『クリック音(弾発音)』があります。

 

クリック音が鳴る理由は?

 クリック音は関節円板の問題によってなります。関節円板は本来、下顎頭と下顎窩の間にあり、口の開閉にともなって起こる骨と骨の摩擦を軽減させる働きがあります。

f:id:oosakatoyomedicine:20181213103626g:plain

顎関節の内部構造

口の開閉運動に合わせて関節円板の厚みが若干かわるため、通常であれば関節円板が引っかかるような問題を起こしません。しかし、関節円板の位置が前方に移動するし固定されたり変形が起こることがあります。そうすると前方にある関節円板に下顎骨頭が乗り上げる際に音が発生することがあります。これがクリック音の原因です。

口を閉じる時にもクリック音が鳴る時がある 

閉じる際にも元の転位位置に戻るため音が鳴りやすくなります。この時、口の開閉両方で音が発生している場合を『相反性クリック音』と言われています。 一般的に関節円板の転位量が少ない、あるいは転位に伴う変形が小さい場合には開口もしくは閉口のどちらかで音がなり、転位量が大きいか変形が強い場合には相反性クリック音になるとも言われています。

 

クリック音が鳴る状態を放置するとどうなる?

変形がだんだんと大きくなると関節円板を乗り上げることができず引っかかりがうまれるようになります。この結果、開口障害につながってしまうことが考えられます。 たまに音が鳴る程度であれば、そのまま様子をみていただいてもかまいません。 しかし、クリック音が大きくなったり、痛みが伴うなどの変化などが出てきた場合には、早めに専門家に受診するようにしてください。

 

顎関節症治療がご希望の方へ

顎関節症の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。最寄り駅は新大阪駅で徒歩約10分です。2012年アメリカ合衆国GOLD AWARD、2015年国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定を受けた日本で唯一の治療院です。

 ・クリック音だけではなく痛みがある

 ・口が開かなくなる時がある

 ・マウスピースを装着したら顎関節症が悪化した!

そんな時はぜひ大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお越しください! 

 ・1回で顎関節症の痛みが軽減した!

 ・口が開くようになった!

このように驚かれる方も多くいらっしゃいます。

 

これまでの数多くの相談を受け東洋医学的治療によって、顎関節症の改善と多くの笑顔を見てきた治療のプロにご相談ください。これまでの顎関節症治療の経験からあなたの顎関節周辺の状況に合った治療法を提案いたします。治療を行うのは顎関節の構造や運動、顎関節症を熟知した鍼灸師の国家資格を所持する治療のプロです。プロの治療によって安心・安全に顎関節症の改善をサポートいたします。

 

あなたの症状に応じて、電気を使った治療器や、超音波療法、鍼灸治療、整体療法を行います。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。 できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

 

一緒に快適で楽しい食生活を取り戻しましょう!

 

受付時間

受付時間
10:00~21:30 /

※日曜診療は8:30~19:00
・完全予約制
・休診日:水曜日・祝日

治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図