顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

顎関節症になぜ鍼灸治療?

f:id:oosakatoyomedicine:20150811114458j:plain

顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください!

 

当院では顎関節症の鍼灸治療・整体療法を行っております。

・話をしていると顎がだるくなって話ができない

・食事中に顎がだるくなる

・口の開閉はできるけど顎に痛みがある

このような場合に問題となっているのは、顎関節の動きに関連する筋肉である咀嚼筋である事が多く、筋肉性の顎関節症には鍼灸治療が最適と考えております。

 

顎関節症に鍼灸治療を行う理由

顎関節症治療に鍼灸が最適な理由は大きく3つあります。

1.鍼灸治療は痛みを軽減させる能力の高い治療法です。顎関節症によって強い痛みが現れている場合には対症療法としても有効です。

 

2.鍼灸治療では筋肉の緩和(柔らかくする効果)があります。この効果に関しては現在行われている西洋医学的な物理療法と比べてもトップクラスです。Ⅰ型顎関節症(筋肉性顎関節症)は咀嚼筋が硬くなることによって発症しています。つまり咀嚼筋の状況を改善することができればⅠ型の顎関節症は改善する可能性が高いと考えられます。 また、Ⅲ型顎関節症(関節円板性顎関節症)の場合であっても、咀嚼筋の問題を改善する事で症状が軽減することが多くあります。

 また、筋肉が柔らかくなることによって筋肉内を走行する血管の圧迫も解消され血液循環が良くなります。その結果、顎関節周辺にたまっている疲労物質や発痛物質の除去されやすくなり中・長期的に考えても顎関節症にとって良い結果をもたらします。

 

3.顎関節症が長期化することによってめまいや耳鳴り、動機などの自律神経失調症の症状が現れている場合にも鍼灸治療で症状が緩和することが期待できます。

上記3点が顎関節症の改善に鍼灸治療をお勧めする理由です。

 

当院は、2015年に国連機関WHF(World Human Facilty Community)から鍼灸スペシャリスト認定を受けました。治療技術は世界レベルであると自負しております。顎関節症を少しでも早く改善したい!そのような方は是非当院にお任せください。

 

これまでの数多くの相談を受け顎関節症の治療によって、顎関節症の症状改善と多くの笑顔を見てきた治療のプロにご相談ください。顎関節症治療の経験からあなたの顎関節症のタイプに合った治療法を提案いたします。治療を行うのは鍼灸師の国家資格を所持する治療のプロです。プロの治療によって安心・安全に顎関節症の改善をサポートいたします。

顎関節症は進行する疾患です。1日でも早い治療開始をお勧めします。

 

治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

電話:080-6224-4693