顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

顔のゆがみ!顎関節症が原因?

f:id:oosakatoyomedicine:20150811114458j:plain

顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください!

顎関節症で顔がゆがむ!?

顎関節症の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。 顎関節症では顔のゆがみが引き起こされることがあります。顔のゆがみは顎関節に加わる負担を増大させる他、かみ合わせや美容上の問題となることがあります。

 

顎関節症によって引き起こされる代表的な顔のゆがみのパターンとしては

 ・顎先が左右どちらかに偏る

 ・頬骨の高さが左右で異なる

 ・目の大きさが左右で異なる

 ・エラが張ったような形になる

 ・鼻が左右にゆがむ

上記5点が代表的です。

 

顎関節症で顔がゆがむ理由とは?

 顎先が左右どちらかに偏ることによってかみ合わせに変化が起こり、片噛みの癖がついたり食いしばりや歯ぎしりをしてしまうリスクが高まります。これによって使われている側の咀嚼筋は強化され、逆に使わない側の筋肉は筋力が低下します。そうすると、顎周りの筋肉のバランスが悪くなり筋肉性の顎関節症は悪化する可能性があります。

 

 頬骨の高さに変化が現れるのは筋肉性顎関節症が発症した後になる事がほとんどで、頬骨の位置のバランスが崩れることによって眼窩にゆがみが起こり目の大きさが左右で異なるようになります。それに伴って鼻のバランスにも異常が起こります。筋肉の動きの異常から目の下がピクピクと痙攣をおこす方もいらっしゃいます。

 

 食いしばりによって咬筋(下のイラスト)の筋力が強まるとエラの部分を引き上げるように継続的に力を加えるために骨自体が変形しエラが張ります。これは骨の変形だけではなく、食いしばりによって咬筋が強化されることによって筋肉性の盛り上がりもある大きくえらが張っているように見える事もあります。

 

咬筋

咬筋

 

 このように顎関節症によって顔の骨格がゆがむ大きな原因は食いしばりです。無意識で行う事が多い行動ですので、やめるためには意識をして食いしばりを行っているタイミングに気が付くことが必要です。食いしばりに気が付いたらすぐにやめるように心がけましょう。

 

当院では、顎関節症の鍼灸治療・整体療法を行っております。治療を行うのは顎関節の構造や運動を理解した鍼灸師の国家資格を所持する治療のプロです。ご安心ください。

顎関節症の治療は完全予約制で行っております。

ご予約は電話・LINEで承っております。

TEL:080-6224-4693

お気軽にご連絡ください。

 

ご興味をお持ちいただけましたらチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

電話:080-6224-4693