顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

うがいをした時に顎が痛い

うがいをした時に顎が痛い

うがいをした時に顎が痛い

 顎関節症が進行すると、うがいをした時に顎関節周辺に痛みがでる方もいらっしゃいます。うがいをした時に顎関節周辺が痛いというのは、口の中の圧力が高まることによって咀嚼筋の深部の筋肉である内側翼突筋が圧迫されることによる痛みいわゆる1型の顎関節症と、関節が前方に引っ張られることによって関節円板が圧迫され痛みがあらわれる3型の顎関節症の2パターンがあると考えています。

 特に関節円板が圧迫されて痛む場合のほうが痛みが強い傾向があります。これには首の位置も関与しています。顎関節症にかかわらず、上を向いて口を開ける時には下あごが後ろに動きます。ですがその位置で口を開くことはできません。そのため下あごを前に引き出してから開口を行います。そのため咀嚼筋にかける負担にプラスして関節円板性の痛みが現れるようになります。

対策は?

筋肉性の場合にはうがいをするときに軽く顎関節の運動を行った後にうがいを行うことで痛みの軽減が見られます。これは運動前にストレッチを行うのと同じで、うがいで顎関節が動く事から運動として対処を行うのです。

関節円板性顎関節症の場合には、顎関節周辺のストレッチや運動を行っても症状が軽減することはありません。その為、顎関節を前方に引き出して開口・閉口運動した後にうがいをするようにしましょう。 このような時に無理にうがいをすると、顎関節症が悪化することも考えられます。痛みが強い場合には、口をゆすぐ程度でにすることも考慮することをお勧めします。

 

うがいをすると顎が痛む場合には顎関節症が進行していることを考えなければなりません。もしこの痛みが継続するようであれば適切な治療を受けることをお勧めします。

information

ロゴ 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

プロの治療によって、安全・安心に顎関節症の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・休診日:水曜日・祝日

 

治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図