顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

スポーツで顎関節症予防のためのマウスピースには意味がない!?

顎関節症で注意を要するスポーツ

顎関節症で注意を要するスポーツ

人間の力を最大限引き出すためには、食いしばりをすることが必要です。

・サッカーでシュートを打つ時

・野球で投球をする時

・重量挙げで物を持ち上げる時

・バスケットボールやバレーボールで高くジャンプをする時

・短距離走のスタートから加速する時

その他にも力を入れるタイミングは多くあります。

 

食いしばりは咀嚼筋で行われ、咀嚼筋の障害によって発症するⅠ型顎関節症にとってリスクの高い動作です。瞬間的に行うだけでも強い力で行う場合には顎関節症を悪化させてしまう可能性があるので避けるべきです。

 

食いしばりをするスポーツの中にはマウスピースを装着して行うスポーツもあります。

 

それではマウスピースの装着はどのような理由なのでしょうか?

 

力強く食いしばりをしてしまった時でもマウスピースを装着していれば、歯の摩耗を防ぐ事ができます。えっ、それだけ?このように思われる方もいらっしゃると思いますがこれだけです。顎関節症の予防や対策になるものではありません。

 

それでは食いしばりが起こるスポーツを行うときにはどうすればよいのでしょうか?答えは食いしばりをしている事を認識する事です。問題行動を認識して練習の時に力を抜く練習も同時に行います。練習時にそれを繰り返していれば、本番でも力を抜くことができます。

さらに運動が終わったら顎関節のストレッチも行いましょう。ストレッチ後には、顎周りの筋肉を触って硬くなっている場所が無いかチェックし、硬さが残っている時にはマッサージを行う。このように他の筋肉と同様のケアを行う事で顎関節症の発症リスクを低下させることができます。

 

マウスピースは顎関節症の予防に頼れるようなものではありません。自分自身の対応こそが顎関節症の発症を予防します。

 

顎関節症が発症したが運動を続けたい方は治療を受けながら運動を行うと良いでしょう。運動を行う事で発症する顎関節症は、筋肉性顎関節症であることが多いことからマウスピースでは改善する可能性が低いとお考え下さい。

 

このように考えると顎関節症に対して行うマウスピースでの治療には意味が無いように感じています。

 

information

ロゴ 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

プロの治療によって、安全・安心に顎関節症の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・休診日:水曜日・祝日

 

治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図