顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

片噛みは顎関節症の原因に!

f:id:oosakatoyomedicine:20150811114458j:plain

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。

 

 片方で噛むとどちらの顎関節に負担がかかると思いますか?噛んでいる方の顎関節ですか?それとも、反対側の顎関節ですか? 噛んでいる方の顎関節に負担がかかると思われる方も多いのではないでしょうか?実際には噛む側と反対側の顎関節に負担がかかります。

f:id:oosakatoyomedicine:20181115092805g:plain

 この理由は『てこの原理』が働くためです。物は奥歯で噛む事がほとんどです。この時、噛んでいるところがてこの原理で言うと支点になります。そして、この支点が偏っているので力は反対側にかかる事になります。これはシーソーの原理と同じです。つまり、噛んでいる側の顎関節には広げられるような力がかかり、逆に噛んでいない側の顎関節には圧迫する力が加わることになります。

 

 

 このように顎関節にかかる力が不均衡になると、関節の状態が不安定になります。そうすると、噛む側の外側翼突筋が顎関節を安定させるために関節円板を前方に引き出します。そうすると、関節円板の厚い後方の線維が引き伸ばされ、前方の関節円板の厚みが増し顎関節が安定します。このようにして、関節円板の厚みを調節することによって顎関節を安定させようとします。

 

 このような状態が一時的であれば顎関節には全く問題は起こりません。ですが、片噛みをすることが癖となって毎回このような状態が起こると、関節円板の位置異常が起こってしまいます。結果、顎関節の内部構造に損傷が起こり顎関節症の発症の要因にもなります。

 

顎関節症のリスクとしては

・噛んでいる方の筋肉が使われるため咀嚼筋による筋肉性顎関節症

・関節に強い圧力が加わる側の関節内損傷

つまり片側で噛むことによって左右両方の顎関節症のリスクがあるということになります。顎関節症を予防するために、常にどちらかで噛む癖がある方は意識的に左右両方を使うように心がけましょう。

 

www.youtube.com

顎関節症を少しでも早く改善したい方へ

これまでの数多くの相談を受け顎関節症の治療によって、顎関節症の症状改善と多くの笑顔を見てきた治療のプロにご相談ください。顎関節症治療の経験からあなたの顎関節症のタイプに合った治療法を提案いたします。治療を行うのは鍼灸師の国家資格を所持する治療のプロです。プロの治療によって安心・安全に顎関節症の改善をサポートいたします。

顎関節症は進行する疾患です。1日でも早い治療開始をお勧めします。

 

治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

電話:080-6224-4693