顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

顎関節症を悪化させやすい食べ物

f:id:oosakatoyomedicine:20150811114458j:plain

 顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。

 顎関節症を悪化させやすい食材があります。基本的には、大きな食べ物、硬い食べ物、弾力性のある食べ物です。これらは、顎関節症を悪化させる可能性があります。

 

   このような食べ物は、顎関節症の症状が強く出ているときには食べられないものですが、症状が軽減すると食べることができるようになります。ですが、症状が軽減してすぐは注意してください。顎関節の状態が安定したわけではなく、炎症がおさまったために痛みの症状が軽減しただけの可能性があります。この状態では、無理をするとすぐに顎関節症の症状がぶり返してしまいます。

 

 このような食べ物を摂取するのは、症状が軽減してから2週間は様子を見るべきです。 顎関節症の痛みや開口障害などの症状が出ている時や症状が軽減してすぐは柔らかい食べ物をとるようにしましょう。

 

食べ物の制限はいつまで?

 顎関節症の症状が治まっても硬い食べ物を避けたほうが良いのでは?このようにお考えの方もいらっしゃいますがそのような事はありません。

 

 顎関節症によって左右の筋肉のバランスが崩れていたり、痛みが強かった場合には食事制限によって咀嚼筋の筋力が低下していることが考えられます。これらの筋肉を強化するためには、硬い食べ物を進んで摂取することが有効です。ただし、摂取しすぎるとまた顎関節症が発症してしまうので適度な摂取にしてくださいね!

 

 硬い食べ物を食べる事を筋トレと考えるとやはり顎関節のストレッチが必要になります。これは顎関節周辺の筋肉も全身の筋肉と同様にお考え下さい。

ご興味お持ちいただいた方はチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

 

顎関節症の早期治療開始を!

顎関節症を1日でも早く改善したい!そのような方は顎関節症の治療をお勧めします。当院ではあなたの顎関節症の状況に合わせて鍼灸治療、整体療法を行っております。治療を行うのは顎関節の構造や運動、顎関節症について熟知した鍼灸師の国家資格を所持する治療のプロです。プロの治療によって安心・安全に顎関節症の症状改善をサポートいたします。

 

顎関節症治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話・LINEで承っております。

TEL:080-6224-4693

お気軽にご連絡ください。

 

www.nomuraseikotuin.com

世界に認められた実力で症状・体質の改善をサポートいたします!

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

電話:080-6224-4693