顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

スポーツ選手に顎関節症が発症しやすい理由

f:id:oosakatoyomedicine:20150811114458j:plain

顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください!

顎関節症はスポーツ選手にも多く見られます。

スポーツ選手が顎関節症になりやすい3大理由

1.身体に衝撃が加わる確率が一般の人よりも高い

コンタクトスポーツなどの体への衝撃、特に顔面部や頭部への衝撃による2型の顎関節症です。これは顎関節症に分類されますが、外傷なので捻挫や打撲として顎関節周辺に痛みが現れる状態とお考え下さい。

 

2.身体能力を向上させるために食いしばりが起こる

運動中に集中しなければならない時、テニスや野球などではボールを打ち返す時に噛みしめる事で身体能力を向上させます。この噛みしめを何度も繰り返すことによって咀嚼筋の過剰な収縮による1型の顎関節症が発症するリスクがあります。運動能力を向上させるためにある程度の食いしばりは仕方がないと考えられますが、食いしばりの繰り返しによって日常でも食いしばりを行うクセにつながると考えられます。

 

3.限界に挑戦するために強い食いしばりを行う

レベル向上のために無理をして強い食い縛りをしてしまうためです。「歯を食い縛って頑張れ!」なんて言葉もあるように食いしばりを過度に行って頑張ってしまう方もいらっしゃいます。これは良くない行為です。頑張るのは素晴らしい事なんですが、過度な食い縛りだけはしないようにしましょう。顎関節症にとってかなりリスクの高い行為になります。

 

コンタクトスポーツによる2型の顎関節症は、不意に起こる外傷のため予防することは難しいのが現実です。ですが、集中したときに噛みしめることによって起こる1型の顎関節症は、運動後の顎関節周辺の筋肉のマッサージやストレッチによって予防することができます。運動前後のストレッチに顎関節周辺の筋肉のストレッチも取り入れてはいかがでしょうか。

 

顎関節症が発症してしまった方へ

 顎関節症の治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。最寄り駅は新大阪駅で徒歩約10分です。2012年アメリカ合衆国GOLD AWARD、2015年国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定を受けた日本で唯一の治療院です。

・顎関節症で強い痛みがある

・口が開かなくなった

・マウスピースやマッサージではなく本当の治療を受けたい。

このような方、ぜひ当院にお任せください!これまでの数多くの相談を受け顎関節症の治療によって、顎関節症の症状改善と多くの笑顔を見てきた治療のプロにご相談ください。顎関節症治療の経験からあなたの顎関節症のタイプに合った治療法を提案いたします。治療を行うのは鍼灸師の国家資格を所持する治療のプロです。プロの治療によって安心・安全に顎関節症の改善をサポートいたします。

 

顎関節症は進行する疾患です。1日でも早い治療開始をお勧めします。

 

治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

電話:080-6224-4693

f:id:oosakatoyomedicine:20181210101916j:plain