顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

顎関節症を発症させる異常口腔機能活動

異常口腔機能活動TOP

異常口腔機能活動

 ブラキシズム ブラキシズムは、米国口腔顔面痛学会(AAOP)では『日中または夜間になされる異常口腔機能活動』と定義されていて、クレンチング(食いしばり)・グラインディング(歯ぎしり)・ブレーシング(押し付け)などがあると言われています。

 また、日本では睡眠時のパラファンクションである「スリープブラキシズム」が言われます。スリープブラキシズムは『睡眠時に起こる歯ぎしりや噛みしめに特徴づけられる下顎の不随意運動』と定義されています。眠りが深くなるときには筋肉も緩んでいますが、眠りが浅くなると寝返りや寝言を言ったりするのと同様、眠りが深いところから浅くなるところで食い縛りや歯ぎしりが起こりやすいと言われています。

 夜間の歯ぎしりは音がしない場合も多く、自己申告だけでは見逃すことがあります。そのため、歯の咬耗や起床時の顎関節周辺の疲労感などをチェックし判断する必要があります。また、スリープブラキシズムは時に破壊的な威力を発揮することがあります。睡眠中は筋肉の過緊張をコントロールすることができず、異常な力が加わっていることがあります。調査では日中の意識している食いしばりの約6倍もの力が入ることがあると報告されています。

 夜間のブラキシズムが起こっている場合には、朝起きたときに顎周辺のだるさや開口障害などが感じられることもあります。

 日中のブラキシズムについては、『癖』と考えられています。特にクレンチング(食いしばり)の発生頻度が高いと言われていますが、食いしばりと聞くと思いっきり力を入れている状態をイメージしやすいかと思います。しかし実際には上下の歯を軽く接触させている噛みしめの場合が多いです。夜間のように強い力ではないため食いしばりの持続時間が長くなりやすく、その結果、咀嚼筋にかかる負荷が大きいと考えられています。もし上の歯と下の歯が当たっている場合には、この癖を意識的に治す必要があります。

 ブラキシズムがある場合には、顎関節症の治療を受けるだけでは改善できないことが多く、ブラキシズムの改善が必ず必要になります。まずはブラキシズムを認知し改善するように心がけましょう。

toyomedicine.hatenablog.com

 

information

ロゴ 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

プロの治療によって、安全・安心に顎関節症の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・休診日:水曜日・祝日

 

治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図