顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

顎関節症になったら硬い食べ物を食べてはいけない!?

顎関節症TOP

顎関節症になったら硬い食べ物は食べてはいけない?

リンゴを食べる女性

 顎関節症になってしまうと、硬い食べ物は良くありません。これは、皆さんご存じだと思います。ですが、ずっと良くないわけではありません。顎関節症の症状が軽減した時には、硬い食べ物を摂ることが問題になることはありません。顎関節症の再発を予防するための筋力アップトレーニングと考えて、硬い食べ物も選択する必要があります。

 顎関節症が軽減した時を厳密にいうと、痛みが取れて顎関節の運動も正常となった状態が1か月以上継続している状態と当院では考えています。このような状態になると、ある程度硬い物を食べることによって咀嚼筋の力をつけなければいけません。これは全身の筋肉にあてはまることですが、筋肉は使った分だけ強くなります。つまり、硬い物を食べることによって咀嚼筋は強い力をつけることができます。もちろん、この時に片方で噛むことは良くありません。必ず両方を使って噛むようにしてください。

 『そんなこといわれても、また顎関節症の痛みが起こらないか心配』という方もいらっしゃると思います。実際に、当院にご来院いただいている方の症状が安定してきたときに、『硬い物を食べてください』とお伝えした時には、やはり『硬い物を食べて大丈夫ですか?』といったご質問をいただきます。

これも筋力トレーニングと同じです。トレーニングを始めた初期は、身体を痛めてしまうことがあります。顎関節症に対するトレーニングも同じです。一時的には症状が出るかもしれませんが、これを行わなければ筋力は取り戻せません。

このように、顎関節症を克服するためには筋力トレーニングが重要です。ですが、ご自身の判断で勝手なトレーニングは危険です。トレーニングを始める時には専門家に判断してもらうようにしてください。

 

information

ロゴ 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

プロの治療によって、安全・安心に顎関節症の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・休診日:水曜日・祝日

 

治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図