顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

身体の歪みと顎関節症

顎関節症TOP

身体の歪みと顎関節症

 

顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください!

身体の歪み

 人間の体は、少しの筋肉で身体を支えることができるように作られています。ですが、身体がゆがんでしまうと、姿勢を維持するだけでも力がいるようになります。つまり、身体にゆがみがあると”立っている”、”座っている”だけで身体がだるくなったり疲れてきたりすることになります。

 身体のゆがみは、足から起こることが多くあります。足の重心位置の異常によって骨盤のゆがみが起こり、骨盤の歪みによって背骨が歪み、背骨の歪みによって頭蓋骨にゆがみが起こり顎関節症が発症するという流れです。

 たとえば、骨盤が歪んでいる場合にはウエストラインの高い方に首は傾く傾向があります。その結果、傾いている側の首の筋肉は過緊張を起こしてしまいその状態に連動して咀嚼筋も硬くなってしまいます。このような状態が継続すると、顎関節症を発症させてしまうメカニズムです。

 顎関節症の場合、このような骨格のゆがみが筋肉バランスを壊してしまい咀嚼筋を中心とした顎関節周辺の筋肉に過緊張が起こり顎が左右にゆがんでしまいます。その結果、くいしばりや噛合不全が起こってしまいます。このような状態になるとさらに顎関節のゆがみが強まってしまいます。

 このように考えると、顎関節症の発症に全身のゆがみが影響性ていることがご理解いただけると思います。また、身体の歪みによって、首に傾きが起こりその結果が噛みしめといった状態であるため、噛みしめを改善するためには全身の骨格バランスを改善しなければいけないということになります。

 つまり顎関節症の根本的な原因は身体のゆがみであり、身体のゆがみを改善することで顎関節症が改善する事が考えられます。顎関節症で身体のゆがみが気になる方、ぜひバランスの良い身体づくりを心がけましょう。

きれいな骨格バランスを維持するためには

ずっと正しい姿勢を維持することなどできません。1日の中で正しい姿勢と悪い姿勢の割合で正しい姿勢の割合が長いのであれば比較的きれいな姿勢が維持でき、逆に悪い姿勢の割合が多くなればきれいな姿勢を維持する事は困難になります。

その理由は姿勢を維持するための筋肉のバランスにあります。筋肉は使われれば使われるほど強化されます。これは一般的な筋トレと同様です。その為、良い姿勢が長くなれば良い姿勢を維持するための筋肉が強化されるのです。

ただし気を付けなければならないことがあります。それは固定装具などで姿勢を維持するような場合です。姿勢矯正ベルトなど無理やり引っ張る事で良い姿勢を作ろうとするとそれに抵抗する筋肉も同時に強化されます。これはダンベルなどの負荷をかけてトレーニングするのと同様です。このような理由から装具を使用するのは避けるべきです。

 ご興味をお持ちいただけましたらチャンネル登録もよろしくお願いいたします。

www.youtube.com

あなたの1日で多い姿勢は?

あなたの一日の中で多い姿勢はどのような姿勢でしょうか?

・立っている

・座っている

・歩いている

大きく3つに分類してどれが一番多いかを考え、多いものに対しての対策を行うと良いでしょう。

立っている、歩いている時間が長いあなたへ

立っている時間が長いのであれば重心位置を親指側(内側)にかける事を意識する事で身体が安定しきれいな姿勢を維持しやすくなります。意識づけを行うのがむつかしい場合には重心位置をコントロールするサポーターの使用も有効です。

下にご紹介しているサポーターは外反母趾用となっていますが、重心位置をコントロールするという意味では立ち方を矯正する事が目的であり外反母趾に関係なくお勧めいたします。

私自身も外反母趾ではありませんがこのサーポーターを付けております。大腿部内側の筋肉が強化されることで身体のバランスが改善したと同時に大きな筋肉が強化されたことで代謝が上がり体重の減量にもつながりました。

 

 座っている時間が長いあなたへ

デスクワークの方の場合には1日の大半を座って過ごす方も少なくないでしょう。上記の立つ、座る、歩くの中で最も体に負担がかかるのが座り続ける動作であり体にとって大きな負担となります。その為、悪い座り方をしていると体のバランスは崩れやすくなります。その為、座り続ける方の場合には特に注意をしていただきたいです。

簡単にできる対策としてはクッションではないでしょうか?良い姿勢を維持するためとはいえ大掛かりなものを職場の椅子の上に置くのは様々な面でむつかしいでしょう。

ではどのようなクッションを選べばよいのでしょうか?

それは骨盤部分をしっかりとサポートする事で骨盤がたった状態を維持する事の出来るクッションで、さらに太ももの裏に強い圧迫が加わらないようにすることができればベストです。これができればデスクワークによって体の歪みを予防しやすくなると同時に腰痛の予防も可能となるでしょう。

おすすめは下記クッションです。

 

 

様々な対策を行っても顎関節症が発症してしまった場合には当院にお任せください。当院では顎関節症の根本改善を目指す方法として、東洋医学的鍼灸治療や鍼と電気を同時に行う電気鍼など症状に合わせて行っております。

 

information

ロゴ 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

プロの治療によって、安全・安心に顎関節症の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・休診日:水曜日・祝日

 

治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図