顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

歯ぎしりとは

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

歯ぎしりとは

 顎関節症の原因の一つとして考えられている「歯ぎしり」。歯ぎしりは寝ている間の癖であり、家族や友人に指摘をされて気付きます。

歯ぎしりとは・・・

 歯ぎしりとは、ギリギリと歯を擦り合わせるものが代表的に思われています。しかし、歯ぎしりにもいくつかの種類があります。

寝ている時の歯ぎしり

クレンチング:これは食いしばりの事を指します。グッと噛みしめる力が発生しているため、音が確認出来ない事が多いです。

タッピング:上下の歯をぶつける力が入るため、カチカチと音が鳴っている事が多いです。

グラインディング:これが一般的に歯ぎしりと言われるもので、上下の歯を擦り合わせる為ギリギリ・ガリガリという音が確認されます。

 

 寝ている間には制御することが出来ず、非常に強い力が掛っています。場合によっては歯が欠けることもあるぐらい力が入っている事もあります。ですので、食いしばりをしていると指摘を受けた場合には、すぐに対策をする必要があります。しかし、ここで問題となるのは”寝ている間の癖”という問題点です。起きている時の癖は大変ですが意識をしていくことが出来ます。ですが、寝ている間はそう簡単にはいきません。そして多くの方が行う対策がマウスピースです。確かに歯を守るという意味では有効かもしれません。ですが、人間は歯と歯の間にものが挟まると習性があります。マウスピースをすることによって筋肉性の症状の悪化がみられることもあります。

歯ぎしりの対策

 そこで、気を付けたいことが”日中の食いしばり”です。歯ぎしりは、食いしばる力に加えて前後左右に動かす力が加わっています。日中に食いしばりを行っていると癖付いており、すぐに力が入りやすい状態になってしまいます。ですので、日中の食いしばりをまずは意識してやめることが歯ぎしりの予防にも繋がることが考えられます。

 

 たまに短時間の歯ぎしりをしてしまうことは誰にでもあります。ですが、毎日のように長時間かけて行っている場合には癖の見直しが非常に重要です。お気を付けください。

information

ロゴ 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

プロの治療によって、安全・安心に顎関節症の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・休診日:水曜日・祝日

 

治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図