顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

Ⅲ型顎関節症

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

Ⅲ型顎関節症

 「顎関節症」よ呼ばれている疾患ですが、症状を引き起こしている問題によって更にⅠ~Ⅳ型に分類されています。Ⅰ型顎関節症は主に筋肉の問題によって、Ⅱ型顎関節症は周辺の靭帯損傷等の問題によって、Ⅳ型顎関節症は変形の問題によって引き起こされています。では、Ⅲ型顎関節症とは一体何が原因かについてご説明いたします。

関節円板の説明

Ⅲ型顎関節症は何が問題?

 Ⅲ型顎関節症とは、顎関節内に存在している関節円板がズレてしまったり、変形してしまうことで引き起こされる顎関節症です。関節円板とは本来柔軟なもので、口の開け閉めをするさいに骨の動きに合わせて動いてくれています。しかし、何らかの問題が生じて関節円板がズレてしまったり・変形してしまうと開口・閉口運動の時に動きの邪魔をするようになってしまいます。多くの場合、本来の位置より前方に関節円板がズレてしまう事があります。(関節円板前方転位)そうなると、口を開ける時に関節円板に引っかかった時にカクンと音が鳴るようになります。また、閉じる際にも関節円板にひっかかるタイミングでカクンと音が鳴ります。

 さらに関節円板の変形が強くなると、下顎骨が関節円板を乗り越えて口を開ける動作が困難になってしまう事もあります。このような場合には、引っかかって口を一定の部分から開けることが出来なくなってしまいます。また、関節円板の後部組織は血管や神経が豊富なのですが、前方にズレて戻らなくなると後部組織が刺激されて痛みが発生してしまいます。

Ⅲ型顎関節症

Ⅲ型顎関節症の症状

 上記の部分でも少し触れていますが、Ⅲ型顎関節症でよくみられる症状として関節雑音が挙げられます。これは口の開閉運動に伴ってカクンと音がなる症状です。痛みなどの症状が無くても音だけが鳴っていることもあります。

 また、開口障害が現れた時には一定のところまでしか口が開けられなくなります。筋肉性の顎関節症であれば痛みを我慢すれば開けることが出来るのですが、Ⅲ型顎関節症の場合ではひっかかってそれ以上開ける事が困難になることが多いです。

 痛みが現れる場合には、顎関節周辺の広い範囲ではなく、耳の前の顎関節部分に痛みが出てきます。

 

 当院ではⅢ型顎関節症に対して、整体療法にて治療を行います。ただし、症状が強く表れているような場合には鍼灸治療を選択することもあります。

 

information

ロゴ 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

プロの治療によって、安全・安心に顎関節症の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・休診日:水曜日・祝日

 

治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図