顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

間違った食いしばりの注意の仕方

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

間違った食いしばりの注意の仕方

 顎関節症の治療に来られる方の中にも「食いしばりが良くない」と調べて、実際に注意されている方がおられます。実際に食いしばりは顎関節症の発症原因となることも多い為、早いうちからご自身で自覚し注意されている事は素晴らしいです。しかし、残念ながら注意の仕方が間違っていることもあります。

間違った食いしばりの注意の仕方

間違った食いしばりの注意の仕方


・舌を噛むようにする

 上下の歯が当たっていることが良くないという事で、上下の歯の間に舌を挟み食いしばり対策とされている方がおられます。ですが、これは全く対策にはなっていません。確かに上下の歯が当たっていれば食いしばりをしている状態です。しかし、一番の問題は上下の歯が当たっていることで噛む力が働いていることになります。舌を挟んでいるという事は、噛む力が働いてしまっています。ですので、これは間違った食いしばりの注意の仕方となります。上下の歯を離して噛む力が入らないように注意してください。

・ガムを噛む

 常に上下の歯が当たっていることが良くないという事から、ガムを噛めば”常に上下の歯が当たらない”と考えられている方がおられます。ですが、これも良くありません。ガムは一回一回しっかりと噛む力が働きます。さらには、長時間になれば噛む動きを続けている分筋肉に負担がかかってしまいます。ですので、ガムを噛んでの対策も避けるようにしてください。

・マウスピース

 「食いしばりを予防する為にマウスピースをしている」と仰る方がおられます。しかし、マウスピースは食いしばりを引き起こさせるものです。よく考えていただくと上下の歯の間にマウスピースが当たっていますね。いやでも当たっている為、噛む力が発生しています。ですので、マウスピースも食いしばりの対策とはなりません。

 

 食いしばりの対策は、顎関節症の治療・再発予防に関して非常に重要となります。しかし、間違った方法は逆に食いしばりを引き起こしてしまう結果を招きます。ご注意ください。

 

information

ロゴ 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

プロの治療によって、安全・安心に顎関節症の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・休診日:水曜日・祝日

 

治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図