顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

治療で食いしばりを止めることが出来る?

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

治療で食いしばりを止めることが出来る?

 顎関節症において”食いしばり”は、発症の一つの要因になっていることが言われています。実際に、顎関節症で来院された方に食いしばりの有無を聞いた際にも半数以上の方が食いしばりをしていることが認められます。その為、食いしばりを止めることは顎関節症の改善には必要な努力となります。

治療で食いしばりを止めることが出来る?

 そして、「食いしばりは治療によって止めることが出来るのですか?」と質問を頂くことがあります。答えは、残念ながら治療によって食いしばりを止めることは出来ません。癖を直すためには意識的に努力する方法しかありません。他の癖で考えてみてください。例えば、右利きの方が左利きに癖を変えるとします。方法は、頑張って努力するしかありませんよね。食いしばりの癖も一緒です。

食いしばりを無くす方法

 治療をすることによってだるい・痛い等の症状が改善することはありますが、癖については変えることが出来ません。中には、マウスピースが食いしばりの癖を無くしてくれると考えられていることもありますが、それも難しいです。マウスピース自体が食いしばりを引き起こしてしまうものだからです。人間は、上の歯と下の歯の間に物が入ると反射で噛んでしまう修正があります。それを利用して作成されたものがマウスピースです。これを装着することで、一時的に関節の負担を減らす事を目的とされています。逆にマウスピースをして、筋肉性の症状が強く出てしまう方も多くいらっしゃいます。食いしばりを無くす・予防する為にマウスピースをする、とお考えの場合にはご注意ください。

 

information

ロゴ 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

プロの治療によって、安全・安心に顎関節症の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・休診日:水曜日・祝日

 

治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図