顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

口はどれだけ開いたらいい?

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

口はどれだけ開いたらいい?

 顎関節症の症状の一つに「開口障害」が挙げられます。口が大きく開かなくなる症状は、突然開かなくなってしまうパターンや徐々に開き辛さを感じていくパターン等、様々な形で現れます。しかし、治療していく中で疑問を持たれる方が多いのが、「本来どのぐらい口は開いていたのか?」という点です。

口はどれだけ開いていたらいいものか

 開口障害を実感したとしても治療の過程で疑問を持たれるのが、「どこまで開くようになったら良いのか?」という点です。問題なく口が開いていた時には、どのぐらい普段開いているかなんて気にされた方は少ないと思います。実際に開口障害で来院された方にも治療をしていくにあたって、どこまで開くようになったら良いものなのか?と聞かれる事もあります。

口はどれだけ開いたらいい?


 日本人の開口は、男性で約55㎜、女性で約48㎜(頭部固定なしの状態)が平均と言われています。これより口が開かなくなり、約40㎜以下の開口になると日常生活にも支障が及び、本人の自覚も起こるとされています。もっと分かりやすく表現すると、指3本分以上開いていることが平均であり、それ以下になると支障が出てくるということになります。ですので、治療としては指が3本分入るかどうかが目安となることがあり、このぐらい開くと日常生活での動きには支障が及ぶことは少なくなります。

 

 開口障害は筋肉が原因であったり、関節が原因であったりと様々な問題によって引き起こされる顎関節症の症状の一つと言えます。もし日常生活に支障が出ているようならば、早期に専門のところで診てもらうようにしてください。

 

 

information

ロゴ 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

プロの治療によって、安全・安心に顎関節症の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・休診日:祝日

 

治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図