顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

顎関節症が頭痛の原因?

f:id:oosakatoyomedicine:20181216100505j:plain

顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

  顎関節症は、耳の前に位置する顎関節部分の痛みだけを引き起こす訳ではありません。それ以外にも様々な症状を引き起こすことが言われています。その症状の一つが「頭痛」です。

顎関節症による頭痛

顎関節症による頭痛

 顎関節症によって引き起こされる頭痛の場合、一番よく起こりやすい場所が側頭部です。耳の上には手のひら一個分程の広い範囲に側頭筋が存在しています。側頭筋とは咀嚼筋の中の一つで、顎関節の運動に大きく関与する筋肉になります。その為、側頭筋が過剰な硬さを出したりしてしまうと、頭痛を引き起こしてしまう事があります。

また、もう一カ所問題となる場所があります。それは、後頭部です。顎を動かす時には首の動きが必要となります。特に後頭部が支えてくれていることで口が大きく開口できたりします。その為、顎関節症になった場合には後頭部への負担が必然的に増えてしまうことから、頭痛を引き起こすリスクが高まってしまいます。

頭痛の特徴

 顎関節症と併発しやすい頭痛は、緊張型頭痛と言われるタイプの頭痛です。筋肉に負担がかかって頭痛が引き起こされている事が多いパターンです。特徴としては、側頭部や後頭部に夕方にかけて症状が出てくることがあります。痛みの種類としては、鈍い痛み・重たい痛み・だるい・はちまきを巻かれたように圧迫されるような痛みと表現されている事が多いです。側頭部の部分については、顎の動きと共に噛みしめた時に強い痛みが走るような場合もあります。

 

 顎関節症の治療をしていくことによって頭痛の症状が落ち着くケースもあります。しかし、緊張型頭痛の原因が全て顎関節症とは限りません。ですが、顎関節症・緊張型頭痛共に言えることは日常生活での姿勢や癖が影響因子として挙げられています。共通点としては、猫背等の姿勢の問題や食いしばり等の癖です。適した治療を受けるとともに、日常生活での問題点を改善させることによって、顎関節症と緊張型頭痛両方の再発防止にも繋がります。

 

information

ロゴ 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センター(野村鍼灸整骨院併設)です。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は厚生労働省認可の治療院で、鍼師・灸師・柔道整復師の国家資格所持者による治療を行っております。
 当院は日本で唯一のアメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定、さらにUniversity of Williamsburgから東洋医学に関する学位を取得した治療院です。

プロの治療によって、安全・安心に顎関節症の改善をサポートします。
西洋医学的な治療では無理と言われあきらめていた方の症状が、東洋医学的な治療によって改善する事も多くあります。
あなたの症状に応じて東洋医学治療や整体療法を使っています。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。
できる限りご要望に応じて、治療を進めてまいります。

一緒に快適な日常生活を取り戻しましょう。

受付時間
10:00~21:30 /

※土曜診療は8:30~16:30

※日曜診療は8:30~19:00
・休診日:水曜日・祝日

 

治療は完全予約制で行っております。

ご予約はお電話で承っております。

TEL:080-6224-4693

お電話をお待ちしております。

 

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善をサポートいたします。

2012年アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD

2015年 国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定

院名:東洋医学治療センター

住所:大阪市淀川区西宮原1-6-36

   最寄り駅 新大阪駅

   地下鉄御堂筋線:新大阪駅の2番出口が最も近いです。

電話:080-6224-4693

大阪市淀川区新大阪周辺地図

新大阪から当院までの地図