顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

顎関節症-マウスピース

寝ている間の食いしばりの対策

寝ている間の食いしばり対策 日中の食いしばりも問題ですが、寝ている間の食いしばりは意識して止める事が出来ない分余計に厄介と言えます。ですが、寝ている間に食いしばりをすることによって様々な症状が現れてしまいます。例えば、朝起きた時の顎の痛みや…

朝起きたら顎が痛い!

朝起きたら顎が痛い 朝起きた時の顎の痛みは顎関節症の典型的な症状です。 この症状は、噛みしめをする方に多い症状です。それでは、なぜ噛みしめが顎関節症を引き起こす原因になるのかを記載します。 1度、強く噛みしめて下さい。この強く筋肉が張る感じが…

顎関節症になったら絶対にマウスピース?

顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター 顎関節症の治療法の代表的なものを挙げれば、「マウスピース」が真っ先に言われます。その為、どのようなパターンであってもマウスピースでとりあえず様子を見てと言われている事が非常に多いです。…

スポーツで顎関節症予防のためのマウスピースには意味がない!?

顎関節症で注意を要するスポーツ 人間の力を最大限引き出すためには、食いしばりをすることが必要です。 ・サッカーでシュートを打つ時 ・野球で投球をする時 ・重量挙げで物を持ち上げる時 ・バスケットボールやバレーボールで高くジャンプをする時 ・短距…