顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

世界レベルの顎関節症治療

顎関節症治療TOP

『大阪で顎関節症といえば東洋医学治療センター』と言われるほど顎関節症治療の実績が多く、鍼灸治療・整体療法においてトップクラスの実績を持つ治療院です。大阪府下だけではなく大阪府外の広い範囲から多くの方が来院されています。 顎関節症でお困りの方、お気軽にご相談ください。

 顎関節症に限ったことではありませんが、出来るだけ早い治療開始が症状改善までの期間に影響します。その為、出来るだけ早い治療開始が重要です。

 顎関節症の治療法としては様々な方法がありますが、多くの方法は結果が伴わないのが現実です。それはインターネットで調べればよくわかると思います。

・歯科で○○を作り装着しているのに全く改善しない。(逆に悪化した)

・何か月もマッサージを受けているのに改善しない

これらが代表的な顎関節症の改善にとって意味のない方法ではないでしょか?

 では、なぜ顎関節症は改善しないのでしょうか?それは、あなたの顎関節症のタイプに合った治療法を選択していないからです。つまり、治療する側があなたの顎関節症のタイプをきっちりと把握できていないことが一番の問題なのです。

 

あなたの顎関節症のタイプをご存知ですか?

顎関節症は1~4型に分類されます、同じ顎関節症であるため病態が類似するように思われるかもしれませんが、それぞれの病態は全く違うと医学的に断言できます。つまり顎関節症という病名で治療を行うことなどできないのです。

筋肉(Ⅰ型顎関節症)を傷めている時に関節の治療を受けている、また関節が引っかかって動かないのにマッサージを受けている。このような事が当たり前のようになされているのが顎関節症の治療の現状です。

顎関節症は適切な治療を行う事でほとんどの症状は改善します。あきらめずに適切な治療を心がけましょう!

顎関節症は大阪市淀川区の世界に認められた治療家にお任せください!

アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLD AWARD


口を開けると顎に激痛がある

開口しようとしても開口できない

顎がだるくなって日常生活にも問題が起こる

このような時にはぜひ当院にお越しください。 

アメリカ合衆国大統領からGOLD AWARD、国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定を受けた治療のプロがあなたの顎関節症の状況を的確に分析し最良の方法で治療を行います。プロの治療によって安心・安全に症状改善をサポートします!

スムーズに顎が動くようになりました!

口を開けていてもだるくならなくなりました!

顎関節症の痛みだけではなく頭痛も解消しました!

と驚かれる患者さんも多くいらっしゃいます。

 

これまでに数多くの相談を受け、野村式顎関節調整療法によって多くの顎関節症の症状改善とともに、たくさんの笑顔を見てきた大阪の骨格の専門家に一度ご相談ください。

 

当院では顎関節症のタイプを分析しタイプに合った治療を行います。顎に不安がある方、大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください。

世界に認められた実力で顎関節症の症状改善を徹底サポートいたします!

顎関節症治療適応症状

顎関節症治療はこのような方にお勧めです。

toyomedicine.hatenablog.com

大きくあくびをしてから痛みが出てきた

大きくあくびをしてから痛みが出てきた あくびは日常の中で思っている以上に行っていることがあり、また他の時では開けないぐらい大きく口を開けている事がほとんどです。その為、それまでは何ともなかったのにあくびをした時から顎関節に痛みが引き起こされ…

ずっと下向いていませんか?

ずっと下向いていませんか? 現代において、パソコン・スマートフォンの普及により下向きになっている時間が長くなっています。電車に乗ってパッと周りを見ると、ほとんどの方がスマートフォンやタブレットを見て下向きになってしまっています。その為、必然…

悪い癖を自分で作ってしまう危険性

悪い癖を自分で作ってしまう危険性 顎関節症と診断されていなくても、軽度の違和感を顎関節に感じている方は非常に多いです。そして、その時に悪い癖をご自身で作ってしまい、結果として症状が強まって医療機関へ受診されるという流れが作られてしまうことも…

食事をして頭痛

食事をして頭痛 頭痛起こった場合に、どのようなタイミングで起こったか?は判断材料になることがあります。例えば、夕方にかけて頭痛が起こるような場合には緊張性頭痛の可能性が高くなります。そして、食事をした時に頭痛が起こる場合には顎関節症が関与し…

些細な事が関節を痛める原因に

些細な事が関節を痛める原因に 顎関節症の中でもⅡ型顎関節症は、関節包や周辺の靭帯に損傷が起こる事によって発症するタイプの顎関節症です。このように聞くと大きな衝撃等によって引き起こされているように思われる方がおられるのですが、そうでもありませ…

関節洗浄術

関節洗浄術 顎関節症治療の一つに「関節洗浄術」があります。これは、局所麻酔薬や生理食塩液等を顎関節腔内に注入し、関節腔内の貯留液排除や微小外傷の洗浄などを目的に行う治療法となります。関節腔内の陰圧を解消し拡大させることによって、癒着病変を取…

しつこい肩こりの原因は・・・

しつこい肩こりの原因は・・・ 肩こりの場合には、多くの問題が重なっていることがあります。姿勢の問題・運動不足・オーバーユース、そしてその中に顎関節症が加わっていることがあります。 しつこい肩こりの原因は・・・顎関節症!? 顎関節と首や肩は動き…

歯科治療後のケア

歯科治療後のケア 顎関節症の方が歯科治療を受けた後に顎関節症の症状が悪化するケースがあります。また、それまで何も無かったのに歯科治療後から顎関節症が発症してしまうこともあります。それぐらい歯科治療は顎関節に対して負担がかかりやすいため、治療…

完治は難しい?

完治は難しい? 顎関節症で来院される方から、「病院で顎関節症の完治は難しいと言われた」とお伺いすることがあります。そう聞くと、もう一生痛みや違和感等の症状と付き合わないといけないとイメージされることと思います。では、完治は難しいのでしょうか…

ストレスが原因は治らない?

ストレスが原因は治らない? 顎関節症の症状で病院に行ったら「ストレスが原因にもなる」と言われることがあります。そう言われると否定も出来ず、ストレスを何とか解消しないと治らないように思われてしまうことがあります。実際にストレスを抱えていること…

横向きで寝ていると顎関節症発症しやすい

横向きで寝ていると顎関節症発症しやすい 顎関節症の発症は、日常の何気ない動作によって引き起こされることがあります。そして、その一つとして挙げられることが「横向きで寝る姿勢」です。これを続けていると顎関節症の発症リスクが高くなる危険性がありま…

強いマッサージに注意

強いマッサージに注意 顎関節症のセルフケアや女性の方では美容の為に顔のマッサージをされている方がおられます。マッサージは一つの方法ではあるのですが、痛くしすぎるとかえって症状の悪化、顎関節症の発症を手助けしてしまう危険性があります。 強いマ…

急に顎関節が痛くなった

急に顎関節が痛くなった 急に顎関節に痛みが発生してしまうことがあります。そのきっかけとなる事として、食事の際に口を開けた瞬間・朝起きて口を開けたら・あくびをしようとした時等のタイミングが挙げられることがあります。そのぐらい些細なきっかけによ…

タイプは一つだけとは限りません

タイプは一つだけとは限りません 顎関節症には、Ⅰ~Ⅴ型の分類があります。それらの分類によって治療法、セルフケアの方法等が若干異なります。ですので、ご自身の顎関節症がどのタイプかを知る事は非常に重要なことと言えます。しかし、タイプが一つだけとは…

どうなったら顎関節症?

どうなったら顎関節症? 「顎関節症」は近年増加傾向の疾患であり、多くの方が悩まれています。しかし、どうなったら顎関節症なのか?この症状は顎関節症なのかな?とネットで色々な症状が記載されている分、迷われている方が多いのも事実です。 どうなった…

咀嚼筋が緊張している時に起こること

咀嚼筋が緊張している時に起こること 咀嚼筋は特に口の閉口に関係する筋肉4つをまとめた総称です。その4つが、咬筋・側頭筋・内側翼突筋・外側翼突筋です。これらの筋肉が問題を起こすことによって顎関節の動きに問題を起こしたり、様々な症状を引き起こす…

下向きが顎関節症に影響を与える

下向きが顎関節症に影響を与える 首の動きと顎関節の動きは関与し合っています。ですので、思わぬ癖や姿勢によって顎関節に知らない間に負担がかかっていることがあります。 下向きが顎関節症に影響を与える 座っている時や立っている時に首を後ろに倒して上…

痛みが治まった後の注意

痛みが治まった後の注意 顎関節の痛みが治まった後、「治って良かった」で終わりたいのですが注意しなければいけない事があります。今回は、痛みが治まった後に注意した方がいい問題点についてご紹介いたします。 痛みが治まった後の注意 辛かった痛みが治ま…

食いしばりしている事に気づく

食いしばりしている事に気づく 顎関節症の発症には日常生活の中で行っている癖が影響しており、「食いしばり」は高い確率で行っていることが多いです。しかし、実際にはあまり気付かない内にしている方も非常に多く、ご自身が食いしばりをしているかどうかを…

顎もトレーニングが必要

顎もトレーニングが必要 顎関節症の安定を図るためには、トレーニングをして筋肉を鍛えておくことも重要となります。特に一度症状が出た方は、顎関節の部分にまた何らかのきっかけで症状が起こるということは考えられます。その為、日常生活での癖の見直しも…

顎関節症だけじゃない!

顎関節症だけじゃない!! 顎やその周辺に痛みが出た際に、「顎関節症ではないか?」と疑われることがあると思います。実際にインターネット等で調べてみて顎関節症でヒットすることが多いはずです。しかし、顎の痛み全ては顎関節症という訳ではなく、違う疾…

間違った癖の改善法

間違った癖の改善法 顎関節症には日常生活での癖が大きく関与していることがあります。その為、症状の改善・再発予防には癖の改善が必要となります。意識されることは大切なのですが、意識の仕方によっては逆効果に繋がってしまう可能性もあります。 間違っ…

身体に不調がある時も要注意

身体に不調がある時も要注意 身体に不調がある時、痛みを感じている時は顎関節症に要注意のタイミングと言えます。 身体に不調がある時に顎関節症に注意する理由 身体のどこかに痛みなどの問題が起こった時、人はストレスを感じてしまいます。いらだってしま…

原因不明の顎関節症

原因不明の顎関節症 顎関節症の発症が起こったら「何が原因で起こったんだろう?」と気になる方は多いと思います。ぶつけた・転んだなどの原因が明確であれば分かりやすいのですが、突然発症した場合には原因も分からず心配されてしまうと思います。しかし、…

小児顎関節症

小児顎関節症 近年増加傾向にある顎関節症ですが、20歳未満の若い方の発症ももちろん増加していることが言われています。全顎関節症の5人に1人の割合とも言われており、症状の経過を注意して観察する必要があります。 小児顎関節症 特に小児の場合に起こ…

口はどれだけ開いたらいい?

口はどれだけ開いたらいい? 顎関節症の症状の一つに「開口障害」が挙げられます。口が大きく開かなくなる症状は、突然開かなくなってしまうパターンや徐々に開き辛さを感じていくパターン等、様々な形で現れます。しかし、治療していく中で疑問を持たれる方…

顎関節症の画像診断

顎関節症の画像診断 顎関節症かどうかを検査するときに、画像診断が用いられることがあります。これは、口腔外科などの病院で受けることがある検査です。顎関節症の際には、レントゲン・MRIを用いられることがあります。この二つの違いは、レントゲンでは骨…

パターンを知ろう

パターンを知ろう 顎関節症を引き起こす問題の代表的な癖が「食いしばり」です。無意識にしていることが多く癖を直すことは困難ですが、症状改善の為には必ず必要な意識となります。日中に食いしばりをしていることに気が付いている方はもちろんですが、気が…

歯を削ったら高さが合う?

歯を削ったら高さが合う? 噛み合わせに違和感を感じた時に、「じゃあ、歯を削って高さを合わせましょう」と言われることがあると思います。これには注意が必要です。 歯を削ったら高さが合う? 『高さが合わないから違和感が起こる。その為、高さをそろえる…

薬物乱用性頭痛

薬物乱用性頭痛 頭痛の原因は実に様々ありますが、その中には頭痛が起こった際に鎮痛薬などの薬を服用されている方がおられます。確かに頭痛が起こってしまうと場合によっては日常生活に支障が出てしまうこともありますので、薬が必要な場合もあります。です…