顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

顎関節症の治療法

顎関節症治療TOP

顎関節症の治療

顎の痛み

顎関節症に限らずすべての疾患で、症状の根本から改善するためにはその症状を引き起こしている原因に対して適切な対応をする必要があります。顎関節症とは顎の周りに現れる症状の総称で、筋肉性、外傷性、関節性、変形性の4パターンがあります。

腰痛に例えた場合には、筋肉痛による腰痛、打撲による腰痛、体をひねってしまった腰痛、背骨が変形した腰痛、全く違う事が容易に想像できますよね。腰痛の場合にはそれぞれの病態に合わせた病名があり、顎関節症のようにまとめることはありません。

顎関節症がこのような大雑把な病名になった理由は不明です。ですが顎関節症という病名に治療や対策がされている事から、適切な対応がなされずに顎関節症が治りにくい疾患というイメージに発展しているのが現状です。車のタイヤが悪いのにハンドルの修理をしていてはダメですよね。

例えば 顎関節症=マウスピース

    顎関節症=マッサージ これらが代表的でしょう。

 

顎関節症の治療にマウスピースはリスクを伴う!?

顎関節症の中で最も多いのは筋肉性顎関節症です。これは筋肉を使いすぎる事、または使い方の異常で発症する顎関節症です。想像しやすい表現に変えると疲労です。その疲労に対してマウスピースを装着して顎関節を保護する、これを先ほどの腰痛で例えると腰に疲労がたまったから腰が動かないように固定しようというのと同じです。明らかに対策が間違っていることが想像できると思います。

さらにマウスピースを装着すると70%以上の方が食いしばりを強めてしまいます。そうすると食いしばりによって筋肉の疲労がたまるので筋肉性顎関節症は悪化します。患者さんは治療と考えて指示に従順に従うことがこのような結果になっているのです。

 

筋肉性顎関節症だったらマッサージが最適?

筋肉に軽度の疲労がたまっているレベルであれば、筋肉を柔らかくして血液循環を良くするマッサージが最適な手段といえます。ですが、進行して筋肉の運動異常が発生、顎がすぐにだるくなる、このような状況は中等度以上です。そのため、マッサージの適応範囲を超えている可能性があります。

 

このように顎関節症を改善するためには、あなた自身の顎関節症の状況を正確に把握することが最も大切です。ですが自分で自分の状況を正確に把握することは難しいのが現状です。だからこそ顎関節症の専門家の治療が必要なのです。

 

東洋医学治療センターでの顎関節症治療

当院では顎関節症の状況をタイプ別に分類し、タイプに合わせた適切な治療を行っております。顎関節症は状況に合わせて適切な治療を行うことで、改善可能な疾患です。当院にお任せください!世界に認められた実力で症状改善をサポートします!

 

適応範囲

 ・筋肉性顎関節症(Ⅰ型)

 ・外傷性顎関節症(Ⅱ型)

 ・関節円板性顎関節症(Ⅲ型)

※変形性顎関節症の場合には、痛みの軽減を目的とした治療は可能ですが変形自体の治療はできません。そのため顎関節症の手術を行う病院と相談されることをお勧めします。

 

治療方法

鍼灸治療

顎関節症の鍼治療

筋肉性顎関節症に対して最も適切な方法と考えているのが鍼灸治療です。

・筋肉の緩和

・痛みの軽減

これらが顎関節症の治療に有効と考える鍼灸治療の効果です。

筋肉性顎関節症で治療を受けようとお考えになる時の多くは中度以上に進行しています。このような状況にマッサージを行ったとしても、対症療法となり根本的な改善にはつながりません。鍼灸治療は現在行われているあらゆる治療法の中でも筋肉を緩める効果の強い治療法です。

さらに運動異常が発生している筋肉に対しても鍼治療では改善が見込めます。

国連機関WHFから鍼灸スペシャリスト認定を受けた実力で症状改善をサポートします!

 

運動療法・整体療法

関節円板性顎関節症は関節円板と下顎骨との位置関係異常により動きが障害され発症する顎関節症です。そのため動きを正常に戻すための運動療法が有効です。

関節円板性顎関節症の中には筋肉の運動異常によって症状が引き起こされていることもありそのような場合には鍼灸治療が有効です。的確に状況把握を行いますのでご安心ください。

 

顎関節症治療料金

1回 5500円
※初診時には、初診料が別途2200円必要です。
※治療は鍼灸治療または整体療法を行っています。
※完全予約制で治療を行っております。お電話で予約を受け付けております。

toyomedicine.hatenablog.com

 

完治は難しい?

完治は難しい? 顎関節症で来院される方から、「病院で顎関節症の完治は難しいと言われた」とお伺いすることがあります。そう聞くと、もう一生痛みや違和感等の症状と付き合わないといけないとイメージされることと思います。では、完治は難しいのでしょうか…

急に顎関節が痛くなった

急に顎関節が痛くなった 急に顎関節に痛みが発生してしまうことがあります。そのきっかけとなる事として、食事の際に口を開けた瞬間・朝起きて口を開けたら・あくびをしようとした時等のタイミングが挙げられることがあります。そのぐらい些細なきっかけによ…

タイプは一つだけとは限りません

タイプは一つだけとは限りません 顎関節症には、Ⅰ~Ⅴ型の分類があります。それらの分類によって治療法、セルフケアの方法等が若干異なります。ですので、ご自身の顎関節症がどのタイプかを知る事は非常に重要なことと言えます。しかし、タイプが一つだけとは…

顎関節の歪みは骨盤から?

顎関節の歪みは骨盤から? 顎関節症でお悩みの方に今までお受けになった治療をうかがうと、「骨盤矯正を受けていた」と言われる方がおられます。痛みや開口障害、関節雑音等の様々な症状が出ている中で、骨盤の歪みから顎関節の歪みが作られていると説明を受…

顎が外れたら・・・

顎が外れたら・・・ 顎関節が外れる、いわゆる顎関節脱臼が起こることがあります。顎関節自体はぶら下がっているだけの関節ですので、脱臼が起こることは少なくありません。食事の際に大きく口を開けた時、あくびをした時等にはずれてしまう事があります。よ…

外傷による顎関節炎

外傷による顎関節症 スポーツをしている最中や日常生活の何気ない一幕で、人とぶつかったり転んで顎関節をぶつけてしまったりするときがあります。その時の衝撃によって損傷を受けてしまい、顎関節症が発症してしまうことがあります。しかし、明らかにぶつか…

強い痛みでマッサージは要注意

強い痛みでマッサージは要注意 顎関節症で強い痛みが起こった際に、局所をマッサージされることがあります。ケアの方法の一つとしてマッサージが挙げられるのですが、要注意な場合も中にはあります。 強い痛みでマッサージは要注意 強い痛みが出ている場合に…

間違った癖の改善法

間違った癖の改善法 顎関節症には日常生活での癖が大きく関与していることがあります。その為、症状の改善・再発予防には癖の改善が必要となります。意識されることは大切なのですが、意識の仕方によっては逆効果に繋がってしまう可能性もあります。 間違っ…

顎関節症で受診するのはどこ?

顎関節症で受診するのはどこ? 顎関節症かどうか分からないけれど顎が痛い、こんな時にどこに受診すればいいか悩まれることがあります。そんな時に、どこに受診すればいいのか?についてご紹介いたします。 顎関節症で受診するのは・・・ 顎が痛いとなった時…

顎関節症で全身が痛い?

顎関節症で全身が痛い? 顎関節症は様々な症状が引き起こされてしまいます。その中には、肩周辺のコリ感や痛み、首の症状、頭痛などの症状も挙げられることがあります。しかし、近年では顎関節症の認知度も高まってきておりテレビ番組やインターネットでの情…

顎関節症に良くない姿勢

顎関節症に良くない姿勢 姿勢から顎関節症に与える影響はゼロとは言えません。その為、悪化を防止するためにも、再発を予防するためにも、姿勢の改善は必要とされることが言えます。 顎関節症に良くない姿勢 頭部の位置は顎関節症との関連が深いとされていま…

薬物乱用性頭痛

薬物乱用性頭痛 頭痛の原因は実に様々ありますが、その中には頭痛が起こった際に鎮痛薬などの薬を服用されている方がおられます。確かに頭痛が起こってしまうと場合によっては日常生活に支障が出てしまうこともありますので、薬が必要な場合もあります。です…

顎関節症の治療の種類

顎関節症の治療の種類 顎関節症にも様々な種類の治療法が存在しています。顎関節症のタイプによって適した治療法を選び、さらには安定して良い状態をつくる為にも必要な選択をすることが大切です。 顎関節症の治療の種類 ・物理療法 顎関節症治療での物理療…

治らない、本当に?

治らない、本当に? 顎関節症と診断された時に、「治らない」と言われたとおっしゃる方がおられます。これを聞くと、どうしよう・・・と落ち込んでしまう気持ちもわかります。ですが、ここで大きな認識の違いが生まれているケースも少なからずあります。 治…

いつから筋トレが必要?

いつから筋トレが必要? ネットでは沢山の情報があり、顎関節症も筋トレで改善すると書かれていることがあります。確かに筋トレが必要なケースはあり、それを行う事によって症状の改善が見込めることもあります。しかし、筋トレをしてはいけない時もあり注意…

顎関節症の症状:関節雑音

顎関節症の症状:関節雑音 口を動かした時に音が鳴ることがあります。これを「関節雑音」と言い、顎関節症にみられる症状の一つです。しかし、必ずしも治療が必要という訳ではなく、軽度の症状であれば多くの方が感じたことがある症状でもあります。 関節雑…

どのタイプか聞いていますか?

どのタイプか聞いていますか? 日本では、顎関節周辺に問題が起こると「顎関節症ですね」と言われることが多いです。その為、顎関節症という定義があやふやになってしまい、顎周辺の問題をすべて含めて言われている事も多いです。しかし、顎関節症の中にもタ…

歯科でもっと口を開けてと最近言われませんか?

歯科でもっと口を開けてと最近言われませんか? 顎関節症の症状はごく軽度の物も含めれば、人口の約75%の方が何かしらの症状を感じた事があると言われています。近年ではさらに増加傾向であることから、もっと多くの方が何等かの顎関節症の症状を感じてい…

ひっかかって口を大きく開けれない

ひっかかって口を大きく開けれない 顎関節の構造で、上下の骨の間に関節円板と呼ばれるクッションのような組織が挟まっています。本来であれば開口や閉口の動きに合わせてくれており動きの邪魔をしないのですが、何らかの原因によって顎関節前方で動かなくな…

顎関節症はすぐに治療が必要?

顎関節症はすぐに治療が必要? 顎関節症になった、あるいは顎関節症かもしれないとなった時、すぐに治療が必要な場合とそうでない場合があります。 すぐに治療が必要な場合 顎関節、もしくはその周辺に何らかの症状が出た場合の一つの可能性として、顎関節症…

嚙み合わせの治療

嚙み合わせの治療について 顎関節症の原因の一つに「噛み合わせ」の問題を挙げられることがあります。その為、すぐに嚙み合わせの治療が開始されることがありますが、実はこれには注意が必要です。 嚙み合わせの治療 噛み合わせの治療の方法は、歯を削り高さ…

顎関節症を放置していると

顎関節症を放置していると 顎関節症の様な症状が出たとしたら、早期に受診し適切な治療を受けることが望ましいです。しかし、強い痛みや日常生活に影響を及ぼす程の開口障害等の問題が無ければ様子見をされている方が非常に多いです。では、顎関節症をそのま…

顎関節症は進行することがあります。

顎関節症は進行することがあります 顎関節症が発症してもそのままにしておくと進行してしまうことがあります。現代では顎関節症で悩まされている方も増えてきていると報告されており、以前に比べると疾患名を知っている方の割合も多くなってきています。顎関…

治ってすぐも要注意

治ってすぐも要注意 顎関節症が発症してから症状が出ている間は、色々なことに注意をされます。例えば、食事内容を柔らかい物にしたり、大きな口を開けないようにしたり、食いしばりに注意したり、炎症が起こっている時にはアイシングをしたり。では、一体い…

顎関節症治療のツボ:頬車

顎関節症治療のツボ:頬車 顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。 顎関節症改善のために使用するつぼをご紹介いたします。 ツボの名前は”頬車(きょうしゃ)”というツボです。 このツボは咬筋の過剰な緊張によって起こっている…

顎関節症になった時どこに行けば良い?

顎関節症になった時どこに行けば良い? 顎関節症かな?と思った時に、どこの医療機関を受診すればいいか悩まれていることがあります。 顎関節症になった時にどこに行けばいい? 顎関節症の治療を受ける場合一番に挙げられるのが、口腔外科です。口腔外科は歯…

顎関節症改善のために歯を削るのは最後の手段

歯を削るのは最後の手段 顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せ下さい! 顎関節症に対する理学療法は、顎関節症の初期治療として最も重要な保存療法です。理由として顎関節症の理学療法は、歯の高さを削る治療のように成長期から…

薬が効いているからといって無理は厳禁

薬が効いているからといって、無理は厳禁 顎関節症になってしまった時には、痛みの程度によって病院で薬が処方されることがあります。特に、靭帯や関節の組織の損傷がある場合には、非常に強い痛みが現れてしまいます。 薬が効いているからといっで、無理は…

治療とセルフケアで顎関節症から改善

治療とセルフケアで顎関節症から改善 顎関節症の症状がで出てきたため、治療を行われる場合があります。確かに、状態によっては治療が必要となります。しかし、顎関節症からの改善・再発を予防する為には、セルフケアも重要です。 治療とセルフケアで顎関節…

虫歯の放置は顎関節症にも良くない

虫歯の放置は顎関節症にも良くない 顎関節症の原因は、外傷等のケガや日常生活での癖が挙げられます。特に何もしていないのに発症した場合には、癖の影響が大きいと考えられます。そして、その原因になってしまう可能性があるものが「虫歯の放置」です。虫歯…