顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センター

顎関節症治療を行う大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターです。顎関節症の症状やセルフケア、治療法をご紹介しております。

2012年8月 アメリカ合衆国オバマ大統領からGOLDAWARD

2015年7月 国連機関のWHFから鍼灸スペシャリスト認定

世界に認められた実力で症状改善をサポートいたします!

顎関節症-原因-食いしばり

顎関節症で起こる見た目の変化

顎関節症で起こる見た目の変化 顎関節症の際、見た目にも変化が現れてしまう事があります。言われてみたら何となくわかる程度からはっきりとわかる程度まで、人によって様々な変化が現れることがあります。 顎関節症で起こる見た目の変化 まず、左右での筋肉…

力を抜くことは大切です

力を抜くことの大切さ ついつい力が入ってしまう事が日常の中でも起こっていませんか?このタイミングは人によってそれぞれ違いがあります。しかし、力が入った状態のままでは食いしばりも起こりやすくなってしまいます。その結果、顎関節症をはじめ肩こりや…

顎関節症:気を付けた方が良い趣味

顎関節症:気を付けた方が良い趣味 趣味を持つことは誰にでもあり、気分を変えたいとき等のあらゆる場面でプラスとなってくれることが多いです。しかし、顎関節症の方は気を付けておいた方が良い趣味があります。 気を付けた方が良い趣味 ・クラリネットやサ…

顎関節症治療のツボ:角孫

顎関節症治療のツボ:角孫 顎関節症治療で使用するツボをご紹介いたします。今回は、「角孫(かくそん)」というツボです。 角孫は手の少陽三焦経と呼ばれる経絡の一つで、耳の上に位置しています。とり方は、耳を前に折った時に上の部分が尖ります。その上…

顎関節の左右のバランス

顎関節の左右のバランス 顎関節とは、側頭骨と下顎骨によって形成されています。しかし、がっちりと互いの骨がはまっているわけではなく、下顎骨がぶらさがっているように存在しているため、口の開口が大きく出来るようになっています。その為、顎関節周辺の…

顎関節症と後頭部の頭痛

顎関節症と後頭部の頭痛 後頭部に頭痛が起こった時に、まず考えられる事はその周辺の筋肉の硬さによるものです。しかし、後頭部周辺に硬さを作る要因の一つに顎関節症の関連が認められることもあります。 顎関節症と後頭部の頭痛 顎関節症の主な症状は、顎関…

食いしばりをしやすいタイミング

食いしばりをしやすいタイミング 食いしばりは、顎関節症を発症させる日常的な癖の一つです。その為、顎関節症を発症させてしまった方は、食いしばりの癖が無いかどうかを確かめることは改善の為の重要なポイントとなります。しかし、人によって様々な場面で…

顎関節症治療で頭痛が治る?

顎関節症治療で頭痛が治る? 顎関節症は、顎関節周辺の症状をまとめて指します。そして、顎関節症の症状でお悩みの方の中には頭痛で悩んでいる方もおられ、治療を重ねていく中で頭痛も少しずつマシになっていく方がおられます。 顎関節症治療で頭痛が治まる?…

朝起きた時に感じる顎のだるさ

朝起きた時に感じる顎のだるさ 朝起きた時に顎関節周辺にだるさを感じる場合、顎関節症である可能性が考えられます。では、朝の顎関節周辺のだるさの原因をご説明いたします。 朝起きた時に感じる顎のだるさの原因 朝起きた時の顎のだるさの原因には、筋肉の…

間違った食いしばりの注意の仕方

間違った食いしばりの注意の仕方 顎関節症の治療に来られる方の中にも「食いしばりが良くない」と調べて、実際に注意されている方がおられます。実際に食いしばりは顎関節症の発症原因となることも多い為、早いうちからご自身で自覚し注意されている事は素晴…

歯ぎしりが顎関節症を引き起こす

歯ぎしりが顎関節症を引き起こす 顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください! 当院では、歯ぎしりの原因の多くはストレスや姿勢の悪さによると考えています。実際にストレスがたまった時には、”グッ”と噛みしめている方が多…

良くない食いしばりの癖

良くない食いしばり 「食いしばり」は、顎関節症を引き起こす原因となる癖の一つです。自覚がない場合でも、よく意識していただくと一日の中で何回も食いしばりをしていることを自覚されることが多々あります。 良くない食いしばりとは? 確かに食いしばりは…

顎関節症の原因となるブラキシズムとは?

顎関節症の原因となるブラキシズムとは? 顎関節症治療は大阪市淀川区新大阪の東洋医学治療センターにお任せください! 顎関節症は日常生活の些細なクセの積み重ねによって発症することが多く、原因となる動作は食いしばり、歯ぎしり、片噛み、日中や寝る時…

顎関節症と緊張性頭痛

顎関節症と緊張性頭痛 顎関節症は、顎関節およびその周辺の関係する筋肉等に問題が起こる疾患です。顎関節症を引き起こす要因となる癖は、緊張性頭痛の原因となっている可能性もあります。特に、顎の問題がありながらも頭痛が出ているような場合には要注意す…

顎関節症:咬筋

顎関節症:咬筋 顎関節症に影響する筋肉の中に咀嚼筋があります。咀嚼筋は、側頭筋・外側翼突筋・内側翼突筋と咬筋の4つの筋肉を一つにまとめた総称です。 咬筋について 起始:頬骨弓の内側、下縁 停止:下顎の咬筋粗面 作用:下顎骨を前上方に引き上げる …

顎の疲労感の原因

顎の疲労感 顎に疲労感が出てしまうことも、顎関節症の症状の一つです。食事をしているとだんだんと疲れてくる、喋っているとだんだん疲れてくる、夕方になると疲れてくる等、出るタイミングは人によって少し変わってくることもありますが、先程お伝えしたよ…

顎関節症と関連する頭痛の特徴

頭痛の原因は顎関節症? 頭痛といっても様々なタイプがあります。その為、頭痛が出たからといって安易に痛み止めを服用することは危険なケースもあります。 頭痛の種類 頭痛にはいくつかの種類があり、筋の緊張によるもの・自律神経の問題によるもの・脳内で…

何もしていないのに発症、原因は?

何もしていないのに発症、原因は? 顎関節症でご来院される方の中に、「何も思い当たることがない。」とおっしゃる方がおられます。実際、ぶつけた等の思い当たる外傷がなく突然顎関節症が発症することは多くあります。では、その時に原因となっていることは…

真っ直ぐ口が開かない

真っ直ぐ口が開かない 口を開ける際、真っすぐ開かずに”く”の字のように開く方がおられます。本来であれば真っすぐに口が開くのですが、くの字状になってしまう理由をご紹介いたします。 真っ直ぐ開かない原因は? 顎関節は下顎骨がぶらさがっているように存…

こめかみの痛みは顎関節症?

こめかみの痛みは顎関節症? 顎関節症とは、咀嚼筋の痛み・関節の音(関節雑音)・開口障害等の顎関節運動の異常を含めた障害を含んだ病名となっています。その為、さまざまな症状が言われています。 こめかみの痛みは顎関節症の可能性 こめかみというと。目…

枕の問題

枕の問題 枕の高さをどうしたら良いか悩まれている事があります。なかなか合う高さがなく、結局合わない物をしていて何らかの問題が生じてしまう場合がございます。顎関節症も例外ではありません。 理想的な枕とは・・・ 医学的には、枕は無くても良いといわ…

顎関節症:側頭筋

顎関節症:側頭筋 顎関節症にはいくつかのタイプがあり、その中でもⅠ型顎関節症では筋肉の関与によって顎関節症が引き起こされています。顎関節症に影響を及ぼす筋肉の代表的なものが”咀嚼筋”です。咀嚼筋と言われていますが、これは4つの筋肉(咬筋・側頭…

生活環境からの顎関節症への影響

生活環境からの顎関節症への影響 春先は、進学や就職などで生活環境に大きな変化が訪れる方が多くおられます。肉体的にも精神的にも大変な時ですが、この生活環境の変化が顎関節に影響を及ぼしてしまう事があります。 生活環境からの影響とは・・・ 生活環境…

歯ぎしりとは

歯ぎしりとは 顎関節症の原因の一つとして考えられている「歯ぎしり」。歯ぎしりは寝ている間の癖であり、家族や友人に指摘をされて気付きます。 歯ぎしりとは・・・ 歯ぎしりとは、ギリギリと歯を擦り合わせるものが代表的に思われています。しかし、歯ぎし…

治療で食いしばりを止めることが出来る?

治療で食いしばりを止めることが出来る? 顎関節症において”食いしばり”は、発症の一つの要因になっていることが言われています。実際に、顎関節症で来院された方に食いしばりの有無を聞いた際にも半数以上の方が食いしばりをしていることが認められます。そ…

顎関節症のリスクを高める癖

顎関節症のリスクを高める癖 ぶつけた等の外傷が無い場合、日常生活でしている無意識の癖の中に顎関節症の発症リスクを高めてしまうものが含まれていることが多いです。そして、癖による問題に耐え切れなくなった時に顎関節症が発症してしまいます。 顎関節…

顎関節症、デスクワーク中は要注意

顎関節症、デスクワーク中は要注意 顎関節症は日常の些細な癖が積み重なって、突然発症したように思う事があります。その癖とは、ご自身でも気づいていないものであるケースがほとんどです。その癖の中でも”食いしばり”は無意識の癖で代表的なものと言えます…

朝起きた時に口が開かない

朝起きたら口が開かない 朝起きたら口が開きにくい・・・これも顎関節症の症状です。開口障害は顎関節症の代表的な症状の一つとも言えます。 口が開かない時に確認してみてください 朝起きたら口が開かない、この症状が時間が経つにつれて変化するかどうかは…

寒い時期の噛み締めが顎関節症のリスクに!?

顎関節症発症リスク: 顎関節症治療を始めて15年がたちます。 この15年間の治療の間に気付いたことがあります。 それは、顎関節症でお困りの方の多くはデスクワークでパソコンを触ることが多いことです。 もちろんパソコンと関係がない方もいらっしゃいま…

顎関節症を発症させる異常口腔機能活動

異常口腔機能活動 ブラキシズムは、米国口腔顔面痛学会(AAOP)では『日中または夜間になされる異常口腔機能活動』と定義されていて、クレンチング(食いしばり)・グラインディング(歯ぎしり)・ブレーシング(押し付け)などがあると言われています。 また…